LAST DREAM

作者 新地恵深

15

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ストレスなく読める、これは物書きに必須の理では無いでしょうか?
誤字脱字は已む無しとしても、文体が出鱈目な小説は読み辛いですし、きっちり形成された文体ならば、物語も頭に入り易いのは事実です。
戯曲と言うと非常に堅苦しいイメージもありますが、内容をファンタジーとする事で、堅苦しさも幾分取れているのと、先程からの文体の美しさがそれを苦にしません。

私は個人的にこれが埋もれてしまうのは勿体無いと思い、このようなレビューを書く事にしました。
作者様の勉強にもなるはずですし、斯くあるべき本来の書式は文章を美しく見せる、それを理解する事ができるので、後学の為にも読む事をお薦めします。

★★★ Excellent!!!

奇跡の子として宿命を負うシンシア。
彼女を護衛するバッハとジャーナリストのシャンカルは遺跡を目指すが……。

コラールやレチタディーヴォ、一話ごとのタイトルがとても美しく、その中に描かれる詩も謎めいていて素晴らしいです!

「世界降ろし」という運命を背負う過酷な設定、優しくて頼もしい護衛のバッハ。
そして軽快な会話を繰り広げるシャンカル。

話が進むに連れ主人公を中心に仲間同士の絆が強くなっていく様子がうまく描かれています。

果たしてシンシアの旅はどこでどのように執着するのか、続きがとても楽しみです!
(二節 第一の帰還の時点)