第19話  外帝陛下は、お祖父様。


 あなたにとって、お祖父じいちゃんは、どんな存在?

 やっぱり、優しくて甘いかな。何でも買ってくれるようなチョロい人?

 一般的には、そう言うよね。子に厳しい親でも、孫には優しいって。


 わたしにとって、お祖父ちゃんは、いじめっ子で、毒舌家どくぜつか因業爺いんごうじじいだ。

 さすがに、かたきとまでは言わないけど、一番気を許せない危険人物なのである。

 わたしの心をえぐる数々の発言。あれが挨拶がわりなんだから、当然でしょ。


 おかげで、わたしの反抗期は、一点集中型の防衛戦だったわけ。

 持ちうるエネルギーの全てを、因業爺ひとりに捧げたと言っても過言ではない。

 何だか特別待遇してたみたいで、それはそれで、むかっ腹が立つけど。


 他の家族はと言えば、中立勢力で、普段は援護が期待できなかった。

 フランス人のお祖母ちゃんは、ものすごくドライで、孫に対しても友達感覚。

 「なるように、なるわよケ・セラ・セラ」が口癖で、話しやすいけど、相談相手にはならない。


 ママは、因業爺に溺愛されて育った一人娘。父親っ子だから、味方にならない。

 婿養子のパパは、因業爺の内弟子みたいな弱い立場だから、頼りにはできない。

 四歳下の弟は、構い倒してくる因業爺が苦手で、隙あらば、姉に危険人物じじいを押し付けようとする卑劣な少年である。あてにできない以前に、油断がならなかった。


 父方に、優しい親戚がいたら、もう少し救いがあったのにな、と思う。

 でも、祖父母は、パパが子供の頃に、事故で亡くなっていて、顔も知らない。

 パパを引き取ってくれた伯母さんは、いい人だったらしいけど、パン屋の伯父さんにはこき使われ、従姉にはいじめられて、伯母さんの葬儀後は、絶縁状態だし。


 要するに、わたしは、孤立無援で、家庭内いじめに立ち向かわなければならなかったわけよ。舌戦ぜっせんまれた割には、弱虫で、小心者のままだけど。磨かれたのは、口答えや言い返しだけだったのが悲しいわ。あまり経験値を稼げた気がしないもの。そう、経験値。新たなる危険人物を相手に、うまく立ち回るだけの力が、わたしには不足してるのよ。情けないけど、致命的に。



<外帝陛下を危険人物って、決めつけちゃうの? まだ会ってもいないのに?>

 ソラが、あきれたように言うけど、わたしの確信は揺らがない。

 翌日に謁見を控えた夜、緊張してなかなか眠れないわたしは、ソラに、不安な胸の内を訴えていた。不寝番のお姐さんに気取られないよう、寝たふりをしながら。

<だって、一国の最高権力者なんだよ。いや、内帝もいるから、最高とは言えないかな。でもでも、王家を十六も従えている帝家の一員でしょ。帝国がどのくらい広いか知らないけど、王族が千人もいるんだもの、その下に、貴族だの平民だの数億人規模の帝国民がいるに決まってる。そのピラミッドの頂点に君臨あそばされてる方よ。危険人物以外の何者でもないでしょうが。

 それに、外帝陛下は、わたしが、異世界から来たと知っているのよね。ソラが、事の次第を帝家には報告したわけでしょ。別に、ソラを責めてるわけじゃない。わたしは、この世界のことを良く知らないし、相棒の判断に従うことに不満はないの。それでもね、やっぱり不安はあるのよ。ない方がどうかしてるって。

 生殺与奪せいさつよだつの権を握ってる未知の支配者に、どう扱われるか見当もつかないんだもの。何かに利用される? 使いつぶされる? それとも、幽閉ゆうへいされる? ただ野放しにするなんてことはないわよね。絶対に。そう考えると、すごくすごく怖いわ。わたし、お祖母ちゃんみたいに、「ケ・セラ・セラ」と笑いながら、世渡りしていけるほど、おめでたい性格をしてないんだから>

 わたしの長々しい力説を受け流すソラは、お祖母ちゃんタイプの楽天家だ。

<外帝陛下は、マリカが来てくれて、喜んでいると思うの。危機一髪のところを助けてもらったんだしね。そんなに心配しなくても、大丈夫なの>

 わたしは、口角泡こうかくあわを飛ばす勢いで(口は閉じてるけど)、自説を更に展開する。

<なぜ、喜べるの。そんなの信じられないし、信じられたら、逆に人間性そのものを疑うわよ。孫娘のショコラが、死んだんじゃないの。そりゃ、殺したのは魔物で、わたしが犯人ってわけじゃないけど、孫娘に乗り移って、うろちょろしてるのを見るだけでも、腹が立つはずよ。それが、人情ってものでしょ。

 あの因業爺だって、わたしの顔した別人が、家に乗り込んできたら、叩き出すと思うわ。少なくとも、無料で、ケーキをあげたりしない。一個たりとも。たとえ、残り物だって。まぁ、お金を出せば、売るだろうけど。それは商売だからで。

 ん? 商売。そうか。取引ならできるかもね。交換条件次第では。問題は、交換できるだけのものがないってことだけど。わたしに、何か、あるかな。外帝陛下に売りつけられるようなものが。内政チートができるほど、実用的な知識を持ってないし、特別な職業訓練も受けてないしなぁ。売り子の経験だけじゃ、どうにもならないか。うーん、残念>

 自問自答したあげく、意気消沈しているわたしに、ソラは明るく言い放った。

<マリカには、竜気があるわよ。売りつけられるほど潤沢じゅんたくに>

<へ? 竜気って、売買するものなの?>

<お金で直接やりとりはしないけどね。個人の余剰分の竜気は、自動的に結界の維持に使われているから、竜気量が多い人ほど、価値が高いってことなの。ただ、竜界ここに存在するだけでも、意味があるのよ。魔族に対抗する力として>

 ソラは、わたしの気分を盛り上げるのが上手い。さすがだ、相棒よ。

<ふうん。そうなんだ。でもさ。だとしたら、魔物退治にこき使われる可能性が高いってことじゃない? わたしは、荒事あらごとには向いてないんだよ、ソラ。平和な国からやって来たから、すぐにビビッちゃうの。魔物相手の生き死にを賭ける勝負事は、もっと戦闘的で、勇気ある人たちにお任せしたいな。楽をしたいとまでは言わないけど、もっと自分に合った、興味の持てるお仕事をさせて欲しいよ>

 ソラは、自称、秘密兵器だ。魔物と闘うのが本職みたいで、相棒としては、それを手伝うべきなんだと思う。でも、人には、向き不向きがあるし、やりたいこととやれないことがある。一度、はっきり言っておくべきだと感じたわたしが、本音をぶちまけると、ソラが、ちょっと考えこんだ後、静かに問い返してきた。

<そう。マリカとしては、どんなお仕事が、自分に合ってると思うの?>

<そこまでは、まだわからないって。わたし、ここに、どんな職業があるかすら知らないんだもん>

<それじゃ、どんなことに興味がある? こっちで数日暮らしている間に、やってみたいこととか、知りたいと思ったことがあった?>

 ソラに聞かれて、わたしは即答した。これは、考えるまでもなかった。

<お砂糖を探したいとは思ったわね。切実に>

<お砂糖? それなら、あるわよ。国外には。少しは、輸入もされてるしね>

 ソラの耳より情報に、わたしは、ぐっと拳を握った。 

<やったー! そうこなくっちゃ。わたし、ケーキ作りがしたいよ。ソラ。ケーキだけじゃなくて、クッキーも、マドレーヌも、プリンも作れるんだよ。洋菓子以外の分量は、暗記してないけど、和菓子系だって、何とかできるはず。やらせて、ソラ。専門家プロの味には劣るけど、ここのお菓子より美味しいものを作れる自信はあるからね。めざせ、菓子職人パティシエ、だわ。希望が出てきた!>

 歓喜のあまり、わたしは、飛び起きそうになり、必死で自分を抑えつけた。

 不寝番のお姐さんが、身じろぎして、こちらの気配を伺っている。まずい。悪夢を見たと勘違いされたら、侍女が呼び出されてしまうのだ。前に一度失敗したことがあって、そのときは、叩き起こされたであろうパメリーナが、寝間着姿のままで駆けつけてきた。本当に悪夢を見たならともかく、あれは非常に申し訳なかった。

<えっと、王族が、職人になるのは、ちょっと無理かな。でも、甘味官かんみかんならなれるわよ。上級官吏だし、甘味職人に新しいお菓子を作らせたり、あちこちで試食をしたりして、好きなお菓子が食べ放題なの。それなら、どう?>

 かなり引き気味のソラに、押せ押せ気分のわたしは、シーツを握りしめながら、返答を迫った。興奮して荒くなった息を止めようとしてるけど、うう……苦しい。

<それ、いいわ。甘味官なんて、名前まで、甘い響きでいいじゃないの。どうやったら、なれるわけ?>

<まず、外帝陛下に承認してもらわないとね。明日、話してみるといいわ>

<よっしゃ、がんばって交渉するぞ!>

 わたしは、思わず、握りこぶしをエイヤっと振り上げた。

 今度ばかりは、誤魔化しようがなく、お姐さんが、扉の外の兵士に声をかけるや否や、寝台の側まで駆け寄って来た。天蓋がさっと開けられる前に、こぶしを引っ込めることはできたけど、深夜の騒動は回避できなかった。ごめんよ、パメリーナ。またまた心配させて。他の方々も、大変お騒がせいたしました。


 悪夢にうなされる可哀想な幼女を演じたわたしは、その後、職業選択の自由を勝ち取るべく、新たな決意に燃えながら、何とか眠りについたのでした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます