第18話 正装は、天女の羽衣。


 あなたは、羽衣伝説を知ってる?

 水浴びしていた天女を覗き見した男が、羽衣を隠すというおとぎ話。

 痴漢男が、窃盗を犯して、無理やり結婚するけど、最後は逃げられちゃう話よ。

 これ、逃げられても当然だよね。天女の人権を無視するな、色ボケ野郎め。

 天女に人権があるかは別としても、無理強いは良くないでしょ。無理強いは。

 もしかして、身の程知らずの恋心は、必ず破局するって教訓なのかな。

 ――失恋七日目の乙女心に、ぐっさり突き刺さって来たわ。話題を変えよう。

 

 ともかく、今、話したかったのは、羽衣について。天衣無縫てんいむほうってやつ。

 どこぞの商品名じゃなくて、元々の、『縫い目が全然ない衣』って意味で。

 それが、実在したのよ、この国には。なんと、竜眼族の正装だったの。



「よくお似合いでございますよ、ショコラ様」

 パメリーナに称賛されながら、わたしは、恐々こわごわと姿見鏡の前に立った。

 自分の全身を見るのは、これが二度目。もう覚悟はできてる。慣れてはいないけど。慣れるしかないのはわかってる。わかっていても、道は険しく遠いけど。

 

 鏡に映っているのは、痩せっぽちで、ギョロ目竜眼に、黒髪の着飾った幼女。

 最初の日に着ていたのは、寝間着だったらしく、白っぽくてシンプルな脛丈ワンピースに、伸縮性のあるレギンスみたいな取り合わせだった。

 その後の数日、昼間に着せられたのは、幼稚園児っぽいスモックに、膝丈のキュロットスカート。着心地が良くて、動きやすい変わった素材だなとは思ったけど、デザインに違和感はなかった。可愛らしい幼児服って感じで。

 でも、今、着ているこれは、別次元のファッションだよ。技術レベルに差があるとか、品質が高いとか言う程度のものじゃない。


 まず、思い浮かべて欲しいのは、古代ギリシャの女神像。裾丈の長さで、ウエストをベルトで絞めて、ひだがたくさん寄っている。胸もとが広く開いて、腕はむき出しで、全体的にひらひらして、いかにも風通しがよさそうな南国調。

 そのイメージに、万葉集時代の装いをトッピング。細めの飾り帯を、前でくくって、長く垂らしてみて。それから、薄くて細長い布を両肩にかけて、これまた左右に垂らす。万葉歌の中で、想い人に振ってみせる、領巾ひれとかいうやつね。

 髪型は、完全なオリジナル。両耳の上あたりと、頭頂部に、小さなお団子を四つ作ってから、残りは一つにくくって、馬の尻尾のように垂らす。結い上げるところを見ていたけど、あまりにも複雑すぎて、これ以上の説明はパス。


 さて、ここまでは、人類にも再現できるね。奇天烈きてれつな髪型も含めて。たぶん、できるんじゃないかな。うん、できるよね。日本髪を結える美容師さんの技術力なら、きっと可能だ。わたしは、日本人の技術力を信じてるよ。

 でも、技術力だけでは、如何いかんともしがたい壁があった。糸も、紐も、ボタンも、留め具も使わず、布を重ね合わせるだけで、身体にフィットさせるなんて、日本人には、できない芸当だよね。残念ながら、着物も形状記憶シャツも負けている。


 材質は全然違うけど、感覚的には、アイロンで接着できる布に一番近いかな。ただし、使うのは、熱ではなくて、竜気。着付けをしながら、指からピピっと竜気を流す。そうすると、あら、不思議。重なった部分が接着できちゃったわ、というわけ。四枚の布を重ねて、あっちをつまみ、こっちで襞を寄せ、そっちで留めて、最終的に、美しい立体形状になるよう調整するの。センスが必要で、着付け係の腕の見せ所と言えるらしいけど、そりゃそうよね。完全な一点物だもの。そっくり同じものは、二度と作れない。その人に合わせた、その時限りの芸術作品なんだから。更に、飾り紐や、髪飾りや、宝石のついた腕輪がついて、綺羅綺羅きらきらしく豪華な仕上がり。これなら、確かに、王族に見える。外見だけは。

 

「如何でしょう。どこかお直しいたしましょうか」

 パメリーナの心配そうな声に、一期一会いちごいちえの造形美をじっくり鑑賞していたわたしは、はっと我に返った。慌てて、『いいえ』と、左目で二回ウインクする。同時に、『素敵。気に入ったわ』と竜気で送る。わたしに似合ってるかどうかはともかくとして、着付けの腕は、称賛に価するからね。

 パメリーナが、ほっとしたように、一回瞬きを返してきた。助手を務めた若いマルチェレラも、緊張が解けた様子で、片付けを始める。


「それでは、こちらへ。ご先導申し上げます」

 パメリーナの後について、わたしは、衣裳部屋を出て居間に向かう。今日から、礼儀作法のレッスンが始まる。そのために正装させられたのよ。

 本来であれば、最初に正装で出かけるのは、8歳のお披露目式ひろめしきらしいのね。もちろん、みんな、その前にレッスンは受けるわけだけど、ショコラのスケジュールからすると、1年近い前倒しになったんだって。

 では、何故、早まったのかと言えば、外帝陛下との謁見が予定されてしまったから。外帝陛下というのは、男女二人いる帝の男性の方。外帝軍のトップよ。

 一応、非公式な顔合わせということで、謁見室での仰々しい作法までは、覚える必要がないのだけど、幼児服で、のこのこ出かけるわけにもいかない。それに、最低限、ご挨拶くらいはできないと。この『ご挨拶』が問題なのよ。

 まぁ、聞いて。女教師ボストネイカ先生のご指導内容を。さわりだけでも。


「ショコラ様。王族の女性は、その身に、品位ある竜気を帯び、それを周囲に知らしめるに十分な覇気はきかもし出さなければなりません。しかし、同時に、人を不用意に傷つけることがないよう、【感情波】は抑制する必要がございます。また、公の席で、【攻撃波】を放出することは、許されておりません。その点をご理解いただくための訓練から始めなければならないところなのですが、今回は、お時間がございません。幸い、ショコラ様は、竜気量が非常に豊富でいらっしゃいますので、竜気を外に出すのではなく、内に循環させるよう、意識なさればよろしいかと存じます。それでは、まず、わたくしが、お手本をお見せいたしましょう。(ソラの同時通訳、原文通り。以下略)」

 

 品位ある竜気に、十分な覇気? 何だ、そりゃ。抽象的過ぎるし、難解過ぎる。その説明で、6歳児が理解できると、本気で思っているわけ? それとも、竜眼族って、幼児でも、それだけの理解力があるのが普通なの?

 わたしは、恐れおののいた。ソラの注釈がつくまでは、目の前が真っ暗になっていた。最近は、文字通り、真っ白になることが多かったけど、今回は、真っ暗なのである。いや、ほんとに。ショックで、視力が利かなくなったみたいなのよ。


<ボストネイカは、初等科の先生なの。幼い子は扱いなれてないだけよ。竜気についての指示は気にしないで。マリカは、もう制御できてるから、そのへんの心配はいらないの。ただ、所作しょさだけ覚えればいいのよ>

 かくして、ボストネイカ先生の声は聞き流し、ソラの副音声を頼りに、特訓は続けられた。

 まぁ、『ご挨拶』の所作自体は、単純だったよ。でも、簡単とは言えなかった。


 深くお辞儀をしながら、領巾を持った両手を頭の少し上まで上げる。それだけの動作なんだけど、このとき、【防御波】を流さなくちゃならないの。この領巾って、ただの装身具じゃなくて、防具なんだって。ほら、魔素を弾き飛ばしていた白い糸のバリア。あれの簡易携帯用みたいなもの。

 『ご挨拶』は、自己紹介でもある。わたしは、これだけの竜気があって、お役にたちますよ、的な意味合いがあるらしいの。きちんと【防御波】が満たされた領巾は、宙に浮く。静電気で、髪が立つでしょ。あのパチパチいう感じで、ふわりと。王族に要求されるレベルは、領巾が、4秒以上、アーチ状を形作ること。このアーチ状にするのが、難しいの。浮かばせるまでは楽なんだけど、ゆらゆら動いちゃって、形が安定しなくてね。


<アーチ状にするのは、成人式でいいの。未成年は、領巾を浮かばせるだけで、十分なの。6歳で、ここまでできるなんて、マリカは天才よ>

 初回の指導が終わって、ぐったり疲れ切ってるわたしに、ソラだけでなく、厳しいボストネイカ先生も、お褒めの言葉をくれたけど。

「ショコラ様は、非常に優秀でございますね。外帝陛下も、大層お喜びになられることでございましょう」

 え? 外帝陛下が、なんで、お喜びになるの? 意味がわからず、首をかしげるわたしに、ソラが説明を加えた。

<えっとね。外帝陛下は、ショコラのお母さんのお父さんなの。男の人って、孫娘が優秀だと、嬉しいものでしょ。たいていは>

 外帝は、母方の祖父ってこと? なんてこった、因業爺と一緒じゃないのよ。


 このとき、わたしは、不吉な予感が、ぞわぞわと背筋を立ち上っていくのを感じて、身震いの発作を起こしたのでありました。

 



 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます