第16話 竜気で、勝負だ!


 わたしは、弱虫な小心者だ。物心ついたときから、ずっと、そう。

 何か大変なことが起きても、一番先に逃げるタイプではないけど。

 そこまで、すばしっこくなくて、それほど、ちゃっかりもしてないから。


 冒険者のヒロインが活躍する話は好きだし、スカッとして楽しめるよ。

 でも、それは、フィクションだから。同じ体験をしたいわけじゃない。

 自分とは、切り離して見てるだけのことね。憧れや理想とは違う。


 だいたいさ。絶体絶命の危機に、普通、あれだけ脳味噌のうみそをフル回転できる?

 どうして、すぐに解決策を思いつけちゃうの。ありえないでしょうが。 

 わたしだったら、固まって動けないうちに、エンドを迎えるのが関の山よ。



「ショコラ様。お目覚め下さいませ」

 パメリーナが呼びに来たとき、わたしは、シーツをかぶって縮こまっていた。

 頭の中を『あぁ、どうしよう』だけが、リフレインしてる。エンドレスで。

 なんてポンコツ仕様なの、わたしの頭は。こんなときくらい、ちゃんと働いて。

 脳味噌だってフルチェンジしたはずなのに、ヒロイン化してくれてないのかよ。


「******が、お話しになりたいそうです。隣の部屋に参りましょう」

 ソラの同時通訳がないと、聞いたことのない単語が伏字になってしまう。

 今のは、『誓神官』だと思うけど、意味を取り違えて返事をするとまずい。

 わたしは、そっと目から上だけを出して、パメリーナに竜気を送った。

 『拒否』、『恐怖』、『不信』、『不安』――否定のミックス旋風を。


 わたしの方にかがみこんでいたパメリーナは、ぎょっとして身を起こした。

 『困惑こんわく』と『躊躇ちゅうちょ』の竜気がれたけど、パメリーナが目を閉じると消える。

 そして、次に、目を開けたときには、『心配』混じりの『決意』になっていた。


「ご安心下さいませ。*ダルカスは、お優しい******でいらっしゃいますからね。それに、*****がお使いになれるので、お声をお出しにならなくとも、お話しができるのですよ。わたくしも、お側におりますから、*****ことなど、何も起きません。痛い思いをなさることもございません。ショコラ様が、ご不安になられるようなことなど、何ひとつありませんよ」


 大ありだよ! パメリーナは、完全に騙されてるじゃないの。人形遣いに。

 これは、注射を怖がる子供をなだめすかして、医者に連れて行く親の決意だ。

 良かれと思ってるから、泣こうがわめこうが、絶対にひいてくれないだろう。

 かと言って、思いっきり竜気をぶつけて、抵抗するわけにもいかない。

 パメリーナは、いい人だし、好きだもん。傷つけたくなんかないんだよ。


「キュルル、キュルリル、キュリル、キュルリルリーン」

 お互いの出方でかたうかがう緊張感がただよう室内に、ソラのいやし系の声が流れた。

 そうだ。わたしには、ソラがついているんだった。助けてくれ、相棒よ。

 わたしは、がばっと身を起こすと、枕元にいるソラを抱きあげた。

 重い。普通モードのソラは重すぎるが、構っちゃいられず、抱きしめる。

 重力にあらがおうと、背筋を伸ばして、ソラを持ち上げるために力を入れる。

 そして、斜め後ろにひっくり返った。カックンとバランスを崩して。

 そのせいで、ソラを手放してしまい、更に押しつぶしそうになって焦る。

 反射的に体勢を変えようとして、変な勢いがついたまま、ころころ転がった。

「ショコラ様!」

 パメリーナの叫び声が響く中で、わたしは、寝台からころんと落ちた。

 あぁ、なんて間抜まぬけなの。わたしには、ドジっ子特性はなかったはずなのに。



「キュルン! キュルキュル、キュルリンリン!」

 騒がしい鳴き声に、朦朧もうろうとしていた意識が、薄っすらと戻って来る。

 ふわふわした気分で、うっとりする。気持ちが安らぎ、いでいく感じ。

 このまま静かに眠っていたいのに、何だか、やけにうるさいな。

「その翅光竜を***に連れて行って下さいませんか、侍女殿」

 耳元で、知らない声がする。男の人? それにしては、ちょっと声が高いけど。

「ショコラ様は、ペットがお側におりませんと、*****ないのです。*****、*********存じます。誓ダルカス」

 誓ダルカス! 要注意神官の名前を聞いて、わたしの危機意識が再起動した。 

「では、せめて籠の中へ。このままでは、邪魔になって診察もできませんので」

 やばい。やばいよ。すぐ近くにいる気配がするのに、身体に力が入らない。

 わたし、頭でも打ったの? それとも、もう、【暗示】にかけられちゃった?


「キュルルン! キュルル、キュルル、キュルルン!」

 ソラの鳴き声が、甲高く、興奮して、非常ベルのように響き始めた。

 必死で、瞼に竜気を押し出すように力を込めると、目が開いて、ぞっとした。

 パメリーナが、ソラを抱き上げて、籠の中に入れようとしているじゃないの。

 うるさく騒ぐペットは、診察の邪魔になるなんて正論みたいだけど、違うから。

 悪事を働くのに邪魔なだけなんだから、誓神官そいつの指示なんかに従わないでよ。

 ソラはペットじゃなくて、配偶竜なんだよ。わたしから離さないでってば。


 竜気で、『やめて』と伝えたかったけど、怯えと混じって、意味が通じてない。

 『籠に入れないで』じゃなくて、『怖いからやめて』的に解釈されたみたいだ。

 こっちを見てないから、瞬きコミュニケーションも使えないし、どうする?

 パメリーナは、籠の上から、おおいまでかぶせようとしているじゃないのよ。


 こういうときは、やっぱり、言葉でしっかり意思表示しないとね。

 そう思ったんだけど、言葉が出てこない。頭の中が真っ白になっちゃった。

 何ていうんだっけ。ほらほら。帝竜語で、『やめて』とか『嫌』は?

 ――駄目だぁ。思いだせないよぉ。ついさっきまで覚えていたのに。


 泣きたい思いで、パメリーナを見つめていると、視界の端に動きがあった。

 パメリーナの背後から、口髭を生やした男が近づいてる。その手には――。

「パメリーナ!」

 わたしは、思わず叫んでいた。

 その声に、パメリーナが、驚いて振り向く。

 そして、わたしの視線を追って、今にも襲いかかろうとしていた男に気づいた。

 パメリーナが、男に、【攻撃波】を放ち、男は、パメリーナの首に針を突き刺した。

 一瞬の交錯こうさく。結果は、相打あいうちだった。

 男は仰向けにばたんと倒れ、パメリーナはよろめく。

「ショコラ……さ……」

 パメリーナが、首に刺さった針を抜きながら、こちらを見た。

 それから、床に、がくりと膝をつき、手をついて、ゆっくり倒れていく。

 悲鳴をあげようとしたわたしは、羽交はがめにされ、口に何か押し込まれた。 

「翅光竜を黙らせろ。人が集まって来る前に、終わらせるぞ」

 背後から、押し殺した声が命じて、脇にいた一人が離れていく。

 暴れるわたしを後ろから抱きとめている方が、誓ダルカスだ。

 もう一人は、すばやく籠に走り寄って、どこからか小瓶を取り出した。


 パメリーナが襲われ、倒れた。たぶん、針に薬品が塗ってあったんだろう。

 わたしの身体も、痺れ始めている。これ、痺れ薬入りの猿轡さるぐつわなのかよ。

 しかも、その上、ソラまで。ソラまで、殺そうとしてやがる!


 わたしは、逆上した。

 茉莉花マリカの一生で、ここまで激怒げきどしたことは、ついぞなかった。

 怒りが、血を沸騰させるというのが、誇張でも何でもないと身をもって知る。

 いや、沸騰しているのは、竜気だ。

 ぐんぐんと熱を帯び、ぐらぐらと沸き立って、体内を駆け巡ってる。


<放出!>

 思念で叫ぶと同時に、わたしは、うねりくねる竜気を放出した。

 それは、わたしを中心にした渦をまいて、竜巻のように広がっていく。

 全身にビリビリと静電気が走って痛い。

 いきなり拘束が緩んだのを感じた。

 身体を支えていられなかったわたしは、横倒しになる。

 視界いっぱいに、白い濃霧がたちこめて、もう何も見えない。


 ソラの鳴き声が聞こえなくなっている。

 気絶ぶりっ子してるのか、本当に気絶させられたのかは、わからないけど。

 でも、気綱が繋がっているのはわかるから、そんなには心配してない。

 ソラは、生きてる。生きてるなら、それでいい。

 取り敢えず、わたしも生きてるし。


「****! *******、******。*******!」

 誓ダルカスが、何やらわめいているようだけど、内容は全然聞き取れない。

 低音でグルグル唸る声とか、ギャオーッと吠える声も入り混じっている。

 ソラが呼んだ応援の竜たちかな。恐竜館に流れる効果音みたいだ。

 他の人の声も聞こえてきた。怒鳴ったり、問い詰めたりしてる。

 良かった。みんな、来てくれたんだね。ありがとう。


 安心したら、眠気がひどくなってきた。

 わたしは、目を閉じた。

 もう、限界だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます