コンカドール

作者 橘 ちさ

30

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

華麗な言葉選びと優美な文章でつづられる、少女たちの青春ミステリー。
ミステリーとはいっても、不快になるようなものはなく、あくまで『青春』の中で、起こり得る事件だけ。そこに、センスを感じる。
様々な事件の中で、少女たちは悩み、立ち止まり、そして成長していく。

物語りの始まりから、この作品は魅力的で異色だ。
高校生の物語だというのに、始まりはネオンの町のホテル。
そこでの出会いが、この物語のスタートとなる。

そんな始まりだから、この後もそんな物語が展開されていくのかと思いきや、その先はあくまで高校生の、高校生らしい日常だった。
不安の中で生きていく、青春の苦い感じ。この作品はそれをあくまで美しく描き切っている。

登場人物も魅力的で、色々なものを抱えているがそれもまた美しい。
悩みが美化されているわけでも、悩みが美しいわけでもない。
文章が上品だからこそできる、どろどろとしたものに儚くて美しい存在感を与えている。

これぞ、青春ミステリーだ。
皆さん、是非一読どうぞ。

★★★ Excellent!!!

冒頭からショッキングな援助交際シーンから始まる本作ですが、いろいろ絡み合いながら百合ものでミステリー路線を進んでいきます。

友達のいない孤高なミノリと不思議な風紀委員ツバサ。女同士の恋愛ってありなの?と真剣に悩むミノリが出した答えと、続々と明らかになる真実。

最後は驚きの展開で見事にしめくくってくれます。

ちょっと不思議で甘美な世界。読み始めるとハマるかもしれないので要注意ですよ。

★★★ Excellent!!!

コンカドール。
花の名前を題名持つ本作は、ややダークな雰囲気を持ちながら風紀委員を舞台に、描かれています。
主人公の少女の複雑な心理が巧みに描かれ、作品としての面白さはもちろん、現代日本の抱える少女と性という問題に迫る奥深さは、思春期以上の全ての方に是非読んでいただきたい内容です。