第18話 エロ美少女のチラリズム

「え、えっと、ハー君。とりあえず、エリーの実習服を着てもらったけど、これで良かったのかな?」

「ん? あぁ、とりあえずジェーンが裸でなければ……」

「あ、主様! どうされたのですか!? どうして私を見た途端に、鼻から盛大に血をっ!?」


 だ、ダメだ。

 全裸だったジェーンがエリーの実習着を着たものの、元より面積の少ない服なのに、その上エリーよりもジェーンの方が胸が大きいから、その豊満な膨らみに押し上げられて、普通に下胸が見えているし、短すぎるスカートから見えてはいけない場所がチラチラと……あぁぁぁ逆に全裸よりエロくなってるよっ!


『なるほど。ヘンリーさんは、チラリズムに弱い……っと』


 そんな事は覚えなくて良い! とアオイにツッコミつつ、慌てて俺のローブをジェーンに羽織らせる。


「……ジェーン。とりあえず、ちゃんとした服を入手するまで、そのローブを外すのは禁止な。前もしっかり押さえて、中が見えないようにする事」

「分かりました。しかし、主様。この防御姿勢にはどういう効果があるのでしょうか? 上等ではありますが、ただの布では大した防御力は無いと思うのですが」

「防御力とかじゃないから。歩く凶器というか、破壊力抜群のそれを隠す為だよ」

「凶器……ですか? 私の剣は、どこかへ行ってしまい、今手元には無いのですが」

「いや、そういう意味の凶器じゃなくて、おっ……いや、何でも無い。とにかく、ローブで身体を隠しておく事」


 改めて言うと、それ以上は質問せずにジェーンが身体を隠す。

 基本的に俺の命令を聞くらしいのだが、この様子だと色々と教えなければならない事も多そうだ。


「いいなぁ、ハー君のローブ。エリーも着たいなー」

「いや、エリーは自分のローブがあるだろ……って、どうして突然服を脱ぎ出すんだっ!?」

「だって、服を脱いだらハー君にローブを羽織らせて貰えるんでしょ?」


 意味不明な事を言うエリーにツッコミ、一先ず服を脱ぐのを止めさせる。

 もちろん俺だって女の子の身体に興味はあるが、それでも一応常識と理性はあるつもりだ。

 だが今ここでエリーにまで全裸になられたら、その理性が一瞬で吹き飛び、残りの学生生活が大変な事になる様子が目に浮かぶ。


「エリー。とりあえず、このジェーンが基礎魔法チームの三人目のメンバーだ。二人とも、仲良くな」

「うん。だって、ジェーンちゃんはエリーとハー君の子供だもん。当然だよっ!」

「主様。主様の奥方様ですので、当然私は従います。以後、よろしくお願いいたします」


 いや、俺とエリーの子供っていう表現は問題が有り過ぎるんだが。

 それとジェーンも、エリーを奥方って呼ぶのは……いや、毎回指摘していたら大変だから、魔法大会が終わってから改めて訂正するか。

 大会中は、エリーの指示にも従って貰う事だってあるだろうし、互いにこのままの方が都合が良いかもしれない。


「さてと。新たにジェーンが加わった訳だけど、とにもかくにも先ずはジェーンの服を調達しないとな。エリー、何か要らない私服とかって無いか?」

「うーん。家に着なくなった服が有るには有るけど……」

「頼む。それをジェーンに譲ってくれないか? なんだったら、俺が買い取るって形でも良い。ただ、あんまりお金はないけどさ」

「ううん。お金は別に良いんだよー。エリーの服くらい、いくらでもあげるんだけど……今ここには無くて、家にあるんだよね」

「まぁ、それはそうだろうな。だから、明日学校へ持って来てくれれば良いよ。今日はとりあえずこの格好で我慢してもらって……って、しまった! どうしよう。ジェーンは俺の寮に連れて行けない!」


 アオイは誰にも姿が見えず、その声は俺以外に聞こえていないから、寮の俺の部屋で過ごしても全く問題がないけれど、ジェーンは違う。

 現に触れば餅みたいに柔らかくて、その身体は見るだけでも鼻血が出てしまう程のエロ美少女なのだ。

 寮へ――騎士候補生の男子寮へ連れて行くのはリスクが高過ぎる。


「ハー君、待って。ジェーンちゃんはエリーの子供でもあるんだから、エリーのお家に来れば良いんだよー」

「……いや、正直男子寮へ連れて行くよりは良いんだが、大丈夫なのか?」

「もちろん。お母さんもきっと喜ぶよー」

「ま、まぁ魂は俺が召喚したものの、身体はエリーが製造したホムンクルスが元だからな」

「じゃあ、そういう訳で、ジェーンちゃん。早速ママと一緒にお家へ帰ろうねー」


 いや、ママって。それに、どう見ても――背丈も胸の膨らみも、エリーよりジェーンの方が大きいのだが。

 しかし、いろいろとツッコミ所はあけれど、エリーに任せておこうとしたのだが、何故かジェーンが動こうとしない。


「ジェーン、どうしたんだ?」

「主様。私は主様をお守りするために、この世界に生を受けました。奥方様にも感謝はしているのですが、それでも優先すべきは奥方様よりも主様なのです」

「え? それは、つまり……俺と一緒に居るって事か?」

「はい。私は、いつも主様の傍に居るのが務めなのです」


 マジかよ、どうしよう。

 忠誠を誓ってくれるのは構わないのだが、元が騎士だからか、ジェーンは融通が効かないらしい。

 とりあえず、さっきのプランを変更して、服屋でジェーンの服を探して、どうにかして寮に連れ込んで、朝見つからない様に寮を出れば良いのか。

 結構大変だな。それに、よくよく考えたら、俺に女性物の服なんて選べないから、エリーにもついて来て貰った方が良いかもしれない。

 無茶をお願いする事になるが、付き合ってもらうしかないかと思った所で、突然エリーが顔を輝かせる。


「わかったー! だったらハー君も一緒に、エリーのお家へ来れば良いと思うのー」

「……え? 俺が? エリーの家に?」

「うん。大きな家じゃないけど、二人くらいなら大丈夫だよー。決まりー! じゃあ、ハー君もジェーンちゃんも、エリーのお家へ行こー!」

「いや、行こー! って、そんな軽いノリで良いのか!? 俺、男だぞ? それに家の都合だってあるだろうし」

「ん? ハー君が男の子なのは当然だよね? 女の子だって言われたらビックリしちゃうよー。あと、家は大丈夫、大丈夫。何とかなるよー」


 いや、そういう意味ではないのだが、エリーはちゃんと理解しているのだろうか。

 少なくとも俺は、女の子の家に行くなんて大イベントは初体験だ。一体、何をどうすれば良いのかサッパリ分からないのだが。

 いろいろと不安を覚えつつも、俺とジェーンは、学校から少し離れた場所にあるエリーの家に案内されてしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます