第13話 自分が思ってる以上に自分に興味は持ってない

「どういう風の吹きまわしかしら?」


「いや、別に何も」


 今日、私があの子の元へ赴いた時は何故か彼も一緒だった。


「ただまぁ、君があの子とどんな話をしているのか気になってね」


「…別に、大した話はしてないわよ。早くどこかへ行けばいいのにとは常々思っているわ」


「君はそうして欲しいのかい?」


「どうかしらね。いなくなったらいなくなったで清々するんじゃないかしら?」


 実際の所、そうなった時に自分がどう思うかなんてわからないけど。


「それはそうと、今日は姿が見えないわね…」


「その口ぶりだと、いつもと様子が違うようだね」


「まぁ、いつもだったら割とすぐに向こうから勝手に近づいてくるんだけど。…あ、いた」


 今日もまた、闇の中の唯一の光を見つけた。


「こんにちは」


 あ、うん。来てくれたんだ。


「どうしたのよ。今日は妙にしおらしいじゃない」


 あはは…。いつも二人だけだったから一人増えてなんか緊張しちゃって。


「緊張、ね。それも理解できない感情だわ」


 あなたは緊張しないの?


「人は自分が思ってる以上に自分に興味は持ってないのよ。自己紹介とかしたって、それを覚えている人間はほとんどいないと言っていいわ」


「それは経験則かい?」


「想像に任せる」


 ふーん…。強いんだね、羨ましいよ。


「強い?私が?」


 私には持ってない物をあなたは持ってるから、羨ましいって。


「あ、そう」


 反射的に素っ気ない返事をしてしまった。


「僕が思った以上に仲良くやってるみたいじゃないか」


 仲いい、のかな?


「私に聞かないでよ。…あぁ、これってもしかして友情ってやつ?存外くだらないわね」


「くだらない?」


「そんな不確かな感情に振り回されるくらいなら、やっぱり心なんか要らなかった。あなたの存在も、必要ないと言えば必要ない」


 あはは…それは傷つくなぁ。


「何回も言っているじゃない。今更何を」


 うん、そうだね。それでも飽きるまでは消さずにいてくれるんでしょ?


「…そうね。そう言ったわね」


「そんな約束までしてたんだね」


「はぁ…もう何でもいいわ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます