第8話 道楽

「それで?そろそろ教えてくれてもいいんじゃないかしら?」


 彼が持って来た世界に入り込み、少したったタイミングで私はそう話しかけた。


「そうだね。でも僕が語るよりも実際に触れてみた方が早いんじゃないかな」


「…それもそうね」


 そして私は心に触れ、記憶を読み取った。


「…なるほどね」


 記憶から多くの感情が流れ込み、私は失笑しつつも理解した。


「この心をどうするかを君に任せたいんだ」


「どうして?」


「今まで君がめちゃくちゃにしたのは夢が叶ったり、順風満帆な人生を送ったり。まぁおよそ幸せに人生を過ごしてきた人の心ばかりだろう?こういうケースの時はどうするのか気になってね」


「なるほど。私はあなたの興味だけでこの道楽に付き合わされたわけだ」


「どう解釈するかは君に任せるけど、どうだろう。任されてくれないかな?」


 確かに、私がぶっ壊してきたのは彼の言う通り、幸せ者ばかり。


 読み取った記憶からは、およそ幸せとは程遠い人生を送ってきた人の心だった。


「…っ」


 一瞬だけ、脳裏を記憶がよぎる。


 それは心から読み取ったものではなく私自身の物。


 私自身にこびりついて取れることのない残滓。


「どうかしたのかい?」


「…なんでもない。いいわ。任されてあげる。けど、少し時間をくれないかしら?」


「それはよかった。それじゃ、先に戻ってるよ」


 彼はそう言い残し、その場を後にした。


 残ったのは私一人。


「とは言ったものの…」


 実際問題、こんなもの至極どうでもいい。


 別に他人がどうなろうと私の知ったことではないし、どうしたっていいと彼も言っていた。


 しかしながら。ただの気まぐれで。遊び感覚で。


 私は少し、扱いに躊躇した。


「ま、いいか」


 ただ一言そう言って、私はその道楽に興じることに決めた。


 ***


 …上手くいった。


 後は互いが互いを補ってくれればいいが、そう上手くいくだろうか。


 上手くいかなかったときは、まぁ、その時考えればいい。


 兎も角、これで僕の計画は軌道に乗った。


 彼女が無事に救われることを切に願って、僕は計画を進めよう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます