スカーレッド 序 リトル・ヴィーナス

作者 綴羅べに

12

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

今の時代、お金を払ってでも読みたい、“最高の小説”になかなか出会えません。

もちろん、出版されている小説の話ではないです。小説サイトで探せば、出版されているものでも無料で読めますが……。


出版されていない数多くある無名のweb小説なら、サイトの中に埋もれてしまいますが……この小説に出合えて幸運でした。


この小説は、間違いなく最高です。母と娘たちの旅を覗けば、理不尽なことに対して怒りを感じ、家族の無事を知って安堵します。感情が良い意味で揺さぶられ、読み終わった時に、満足感を得ることができるはずです。


このレベルの作品を、お金を払ってでも読みたい小説っていうのかなと思いました。レベルが高すぎて、上手く書くことができませんが……とても感動しました。この作品は最高です、これは間違っていないと思います。


皆様、無料で読めるのでぜひ一読してみて下さい!


★★★ Excellent!!!

ファンタジーの世界観で描かれる本作の本質は、単なるエンタテインメントではない。

文学である。

軽くはない。ライトノベルやライト文芸を求めている読者からすれば、ミスマッチとしか言いようがないだろう。

惹かれていくストーリーに絡めて描かれているものは、母であり、子であり、愛であり、愛ゆえの葛藤であり、年少者がきょうだいなどに対して当たり前に抱くある種屈折したしかし健全とも言えるであり、そう、思春期手前の、しかし大人びている、されど思春期前の、少女の心のように思う。

webならではのライトさによるメリットや改行による見せ方のテクニックによらない作品づくりから、おそらく、小説作品というものにたくさん触れ、自身なりの小説感をしっかり持っている著者なのだろうな、と推測している。

えらそうで恐縮ですがそれでも敢えて言いたいのは、日本語のレベルが高い、ということ。しっかりとした文章はやはりそれだけで、読む喜びを提供してくれる。

これを文学と呼ばずにいられるはずがない。
“ファンタジー文学”。
この作品を求めている読者が、きっといる。


とにかくぜひ、終わりまで、書ききっていただきたいです。
がんばってください!



……と書かせていただいていましたが、完結されましたね!
最後まで読ませていただけて嬉しかったです!
ありがとうございました!