読書感想文は苦手です

作者 野々ちえ

第31話 季節」への応援コメント

このエピソードを読む

  • キラキラなアオハルが来なかったのならば、きっとこれから来るのでしょうね♡

    作者からの返信

    これから! きたらいいなぁ(*´艸`)

    たとえこなくても、わたしのぶんまでキャラたちにキラキラしてもらいたいと思います(∩´∀`∩)

    2019年9月27日 21:55

  • わかります。私もバレンタインは未発表作品の作中で今書いていますが、別に自分はどうでもいい行事となっています。

    作者からの返信

    ですよねー。バレンタインとか、小説書いてなければ素通り確実です( ̄∇ ̄;)

    2019年9月27日 11:12

  • たしかに小説でも季節は気になりますね。私の場合、最近少々写真にはまっているので、否応無く季節を気にしています!

    でも、花も紅葉も意外とあっという間に良いときは過ぎ去ってしまうんですよね…

    作者からの返信

    写真ですか。いいですねぇ(^^♪

    最近はまったく撮っていませんが、以前ブログで詩を書いていたとき、空とか植物とか道ばたの石ころとか、いろいろと写真を撮ってはイメージ画像として一緒に載せてました(*´ω`)

    2019年9月26日 20:49

  • 何年もかけて書くのですね
    となると、完結したら振り返りをしないといけません。
    連載開始当時はまだ平成でね、
    令和も終わりの今年やっと完結です。
    30年ありがとうございました。
    みたいな。

    作者からの返信

    30年!www

    もはや生きていないかもしれません(´゚艸゚)∴

    2桁になるまえに完結したいと思いますww

    2019年9月26日 20:40

  • 小説を書くようになってから、季節やイベントを意識するようになった人は多いかもしれません。自分も前は季節にそんなに思い入れがなかったのですけど、今は秋だから秋の小説を書きたいって考えるようになりました!(^^)!
    リアルで楽しめないイベントがあっても、かわりに自分のキャラクター達に楽しんでもらっています(≧∇≦)

    作者からの返信

    季節にイベントに。やっぱり、小説を書くようになるといろいろ敏感になりますよね(#^^#)

    自分には縁がないことでも、キャラを通して疑似体験できたり、プラスに受けとめられるのも嬉しいです(∩´∀`∩)

    2019年9月26日 19:31

  • 自分も、物語の登場人物には、自分以上に季節やイベントを大事にさせたいです。
    恋愛ものなら、バレンタインやクリスマスは絶対必要です(#^^#)
    自分ができない分も含めて、キャラ達には楽しい思い出を作っていってほしいです。

    作者からの返信

    バレンタインやクリスマス、恋愛ものならやっぱりはずせませんよね(*´ω`*)

    リアルでは無縁なイベントごとも、キャラたちのおかげでプラスに考えられますし。そのぶんキャラたちに還元(?)できたらいいなぁと思います(*^^*)

    2019年9月26日 19:15

  • 四季恋で夏のエピソードをひとつも書かないうちに、夏がおわって←うけました

    作者からの返信

    ありがとうございます(´゚艸゚)∴

    真冬に真夏の話書いてそう――というのが現実味をおびてきましたw

    2019年9月26日 18:48

  • 僕はおそらく予定日なんてものがあることすら知らない、なまくらな赤ちゃんだったと思います。

    作者からの返信

    なまくら赤ちゃん!ww

    ……ソファに寝そべってお尻ポリポリやってる赤ちゃんの画が浮かんできました。笑

    2019年9月26日 18:47