読書感想文は苦手です

作者 野々ちえ

第22話 扉」への応援コメント

このエピソードを読む

  • アイディアは浮かんでも、規定の文字数に入るかどうかが問題ですね。今つばさ文庫用の作品を書いていますが、規定の10万字を越えるのは確実なので、どこを削ろうかと悩んでいます。

    それが終わったらカクヨム甲子園用のを書きたいのですが、こちらも範囲内に収まるかどうか。始める前から心配です(´・ω・`; )

    作者からの返信

    おぉ、お兄さんのつばさ! 楽しみです(*'∀'*)

    文字数規定、悩ましいですよね。個人的には、文章を足すより削るほうがむずかしそうです(´・ω・`;)

    つばさ文庫も甲子園も、納得のいくかたちで規定におさまるよう応援していますo(・ω・´o)

    2019年7月24日 14:29

  • わたしも交流ある人の作品しか読めてないです

    作者からの返信

    坂井さんは交流している方も多いですからね。十分だと思います( ̄∇ ̄;)

    2019年7月24日 14:25

  • 扉のお話、難しいですよね。アイディアは浮かんでも、しっくりこなかったり、オチが今ひとつだったりで、自分も苦戦しています。ようやく浮かんた、面白いかもと思えるお話は、本気で書いたら10万文字くらいいってしまいそうな内容でした(; ・`д・´)

    カクヨム甲子園、たくさんの作品がエントリーされていますけど……自分もあまり読めてはいないのですよね。交流のある方の更新も多くて、そっちを追うのに手いっぱいだったりします。
    面白そうな話はたくさんあるのに。いつかちゃんと時間を作って、読んでいきたいです。

    作者からの返信

    弟さんも苦戦中ですか。悩ましいですよねぇ、文字数。でも10万字のお話。それはそれで、コンテスト関係なく読んでみたいです(*´艸`*)

    甲子園は1万文字以上の作品も多いので、KACのときほどさっくり読みまわれないですし、フォローしている方の更新すら追いきれてませんσ(^_^;)

    わたしも時間やりくりして、とりあえず読むだけでも読んでいきたいです。

    2019年7月24日 14:24