読書感想文は苦手です

作者 野々ちえ

第11話 好きなものを」への応援コメント

このエピソードを読む

  • この辺は本当に難しいですよね。嫌いなものをやたらと吹聴するのは確かに勘弁してほしい。好きなものをアピールするのは構わない、というか適度であればむしろ歓迎!ただ、度が過ぎて押し付けになると勘弁してくれと・・・

    このあたりの感覚は人によっても違うでしょうしね。。。

    ブロック機能、一度フォローしていた方が退会(?)された時にはブロックされたのかと思い焦ったことがあります。

    コメント沢山残すほうなので、ブロックされないか心配ですが、私のコメントが嫌な人にとっては直接私に伝えなくても関係を拒否できるので、それはそれでありなのかと思っています。

    あ、ブロックされないに越したことはないので、できればしないでくださいね
    ^^;

    作者からの返信

    このときのわたしの話を具体的にしますと。

    ある習い事のために通っていた教室での帰りぎわ。(わたしが)劇団のオーディションを受けたという話を友人としていたとき、通りかかったAさん(仮名)が割り込んできて、罵詈雑言の限りをつくした。という状況でしたw

    なので、わたしがここでいう『ほうっておいてほしい』というのは、本当にそのままの意味で。アピールどころかそもそもその人に話しているわけでもないのにいちいち攻撃してこないでーということです。

    リアルでは今でも聞かれない限り好きも嫌いもあまりいいません。カクヨムはじめるまえにやってたブログやSNSで、この映画が好きーとか。この本好きーとか書いていたくらいです(^_^;)


    ブロックはよほどのこと(誹謗中傷とか)がない限りするつもりはありません(ノ∀`*)

    2019年8月11日 17:38 編集済

  • コメント欄閉じている人は、そのせいですかね。

    作者からの返信

    多忙で対応できないからという方もいるので一概にはいえませんが、そういう方もいるでしょうね(´・ω・` )

    2019年6月29日 21:44

  • こんばんは。
    ブロック機能が導入されたのですね。
    私も今のところ、カクヨムでその機能があれば、なんて思ったことないですね。幸せ!

    さてさて、否定されるという件について。
    確かに否定されるのはつらいですが、否定されたところで好きなものはやめられないのが歳食った大人というもの。笑
    若かりし頃は否定されればカウンタを見舞っていたところですが、最近は「残念だなぁ」と思ってしまうことが多くなりました。
    しかし自分が好きなものを、好きだと言ってくれる誰かと出会えた時の嬉しさは、この歳になってから2倍3倍にも感じますね。

    否定からは何も始まらない、とはどこかで聞いた言葉ですが、やはりその言葉は真なりだなぁ、と思いますね。これ面白いよ! って誰かに勧められて体験して、自分もそれを好きになれたら、人生もっと素晴らしいものになれると思いますし。だから否定するのはもったいないなぁ、と。
    他人の好きを否定しない懐の深い大人を、これからも目指したいものです!

    作者からの返信

    こんばんは薮坂さん(^^♪

    わたしが最初に入った劇団は、ある年代から上の世代にはかなり有名で一部の若者たちには絶大な人気があったんですが、それだけにアンチも強烈で。ちょうどオーディションを受けたころ、まだ入団もしてないのにアンチの餌食になりまして(笑)長年引きずったところを見るとトラウマレベルで傷ついたみたいです。←

    >自分が好きなものを、好きだと言ってくれる誰かと出会えた時

    わかりますー! たとえようのない喜びがこう、フツフツとね(∩´∀`∩)

    人の好きを好きになれたら自分の世界も広がるし、そうでなくても相手を理解する助けにはなるし、否定からは何も始まらない。ほんとうにその通りですね。

    懐の深い大人。わたしもなりたいです٩( 'ω' *)و

    そして、ブロック機能とは無縁なカクヨム生活をお互いつづけていけますように(人ω<` )

    2019年6月13日 23:10

  • 全否定されたときのショック分かります。
    デザインをしてそれを持って行って、「これ趣味悪いよね。それに僕の頭の中のイメージと違うんだよねー」とか言われて、「あんたの頭なんてわかんないよ!」と叫びたくなったときとか。センスの全否定を受けました。ま、センス悪いのは認めますけど。

    わたしも今のところブロック機能を使いたい場面には遭遇してないです。幸せ♪
    お互いこのまま平和でいられると良いですねー!^-^

    作者からの返信

    頭の中Σ(゚д゚)

    ……すいません。思わず笑っちゃいました(;^_^A

    ブロック機能、つかわないで済むならそれにこしたことはありませんからね。つかうことも、つかわれることもないまま活動していけるよう願っています(*´ー`*)

    2019年6月13日 20:17

  • 好きなものになんやかんやと言われると苦しくなるのは何年経っても変わらない気がします。その対応が大人になったかどうかはありますけどね。
    ブロック機能、そんなの追加されていたんですね。ほへぇ~

    作者からの返信

    受け流せるようになったからといって痛みを感じないわけじゃありませんからね(´•ω•`)

    そうなんですよ〜。追加されてたんですー(*´ω`)

    2019年6月13日 16:36

  • わたしもブロックしようと思ったことはないですが、レビューしてくれくれとTwitterのDMで言われて、この人、うざと思った人はいました

    作者からの返信

    うわぁ……やっぱりいるんですねぇそういう人。レビューがほしい気持ちはわかりますけど、なんかいろいろ間違えちゃってますね(;^_^A

    2019年6月13日 16:29

  • 好きなものは人それぞれで、相手に迷惑をかけない限りは何をしたって自由なのですけどね。
    分かってくれとは言いませんが、本当に放っておいてほしいです。

    ブロック機能、幸い自分も今のところ使う予定はありません。今後も使う機会がないことを祈ります。
    逆に自分がブロックされないよう、付き合いには最低限度の注意と誠意を持っておきたいです。

    作者からの返信

    そう。理解も共感もいらないから、気にくわないならほうっておいてほしい。これにつきます( -ω-;)

    ブロック機能、ちょっとした行き違いからでも誰が誰をブロックしたとかされたとか――あまりに簡単に殺伐とした雰囲気になってしまうのをSNSなどで何度となくみかけているので、ちょっといろいろ不安です(´•ω•`)

    2019年6月13日 15:23

  • 大人になっても他の人の好きを否定してくる人って、いますよね。自分も前に小説が好きな事を話したら、酷い事を言われた事が何度もあります。
    好きは人それぞれ。好みはじゃなくても、わざわざ気分を害する事を言わなくても良いのにって思います。同時に、もしかしたら自分も、無意識に人を傷つける事を言ってしまっているのではと不安にもなりますけど。

    自分はコメントしたがりなので、カクヨムでは多くのコメントをしています。ただその結果、相手の気分を害したり、傷つけてしまう事もあるかもしれません。気を付けているつもりでも、絶対に間違えないなんて言えませんし。
    ユーザーをブロックできる機能、自分が使う事も、自分が対象となる事も無い明るいカクヨムライフを送りたいです。

    作者からの返信

    いますよねー。なんなんでしょうね。自分の好みとか価値観からはずれているものを否定することで、自分が優位に立っているつもり――なんですかね(^_^;)

    >無意識に人を傷つける事を

    これも、ありますよね。わたしも時々不安にかられます(;^_^A どんなに気をつけていても、相手の状況とか気持ちとかによって、おなじ言葉でも180度ちがって受けとられてしまうこともありますし。ネットでは顔が見えないぶんよけいに難しいですが、そうやって自分が傷ついたときに自分のことを振り返れる弟さんの誠実さは、伝わる人にはちゃんと伝わっているのではないでしょうか。

    少なくともわたしは、いつも弟さんの言葉にあたたかな『温度』を感じています(*'ω' *)

    ブロック機能は切実に必要としている人もいると思うんですよね。ただ、簡単にはじけるようになったぶん、ちょっと気にくわない相手を集団で――とか、そういういじめのような感じでつかわれなければいいな……と思っています(´・ω・`;)

    2019年6月13日 15:21