読書感想文は苦手です

作者 野々ちえ

第9話 クセ(追記あり)」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 異口同音って自主企画ですか?

    作者からの返信

    同題異話ですね。

    同題。つまり、お題としてひとつのタイトルがあって、そこからそれぞれお話をつくる自主企画です。

    昨年3月から今年の3月までは夢月七海さんが毎月主催されていて、4月からは香鳴裕人さんが、リスペクト企画として引き継いで同題異話SRとしてまた毎月開催されています。

    ちなみに、

    4月『桜花一片に願いを』
    5月『きみに会うための440円』
    6月『字句の海に沈む』

    が同題異話SRのタイトルです。

    2019年6月27日 14:53 編集済

  • よくわかります!
    わたしもクセというか、方向性がいつも同じになってしまう。「またか」と思われるんじゃないかと心配ばかりです。
    カードの件、無事解決してよかったですねー!

    作者からの返信

    無意識のテンプレみたいなものが自分のなかにあるんでしょうね(*ノ∀`*)

    でも、ほかの方のコメントから、流れは似ていてもテーマとかキャラとかで違いを出せればいいのかもなぁーと思いました。もちろん、いろんな方向性でも書けるようにはなりたいですが、自然に向かってしまう方向はきっと得意な方向性だと思うので、それを磨くのもありだなぁと( 'ω' *)

    ありがとうございますー。おかげさまで無事返ってきました。

    2019年6月6日 20:10

  • >おなじ物語を読んでも、人によってまったくちがうものになっているというか

    自分が変な解釈していないか、不安になってきました。読解力ないです!

    作者からの返信

    ぜんぜん! 坂井さんはとても素直に読んでくださる、いい読み手さんでもあると思います。

    もちろん自分の中に、明確な『答え』を持っている書き手さんもいると思いますが、わたしはそのへんあやふやというか、読んでくださった方それぞれ自由に受けとってほしいと思ってます。

    少なくともわたしの小説には、正解も間違いもないので、これからも気にせず自由に受けとってくださいο( ^_^ )ο

    2019年6月6日 08:42

  • 自分の中での物語のクセや王道と言うのがありますよね。どこか似ていてもここが違うと胸を張って言える話を書きたいです。

    プリペイドカード、なんとかなって良かったです。百貨店は、二度とこんなことが無いようにしてほしいですね。

    作者からの返信

    自分の中の王道。いいですね、そのいいかた(*'∀'*)!! たとえ展開や結末がかぶっていても、テーマとかキャラとかで違いを出せればいいのかも。なんか、ぐるぐるしだす前に道がひらけたような気がします。ありがとうございますο( ^_^ )ο

    はい。無事返ってきてよかったです。一度こういうことがあると、そのお店でカードを使うのにもためらいが出てしまいますからね。ほんと、しっかりしてほしいです(-ω-`;)

    2019年6月6日 08:41

  • 短編は感想をもらって、初めて気づくことがあるというのはわかります。コメントやレビューを見て、そうだったんだと教えられることが、多々ありますもの!(^^)!

    プリペイドカード、解決できて良かったですよ。
    返ってくるまで、心配が止まりませんよね(>_<)

    作者からの返信

    あ、やっぱりあるんですね。わたしだけじゃないとわかってなんか安心しました(*‘ω‘ *)

    はい。無事返ってきてホッとしました。気にかけていただいてありがとうございますο( ^_^ )ο

    2019年6月6日 08:40