読書感想文は苦手です

作者 野々ちえ

第5話 感想文」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 読書感想文、私も苦手、というより嫌いでした・・・宿題はほぼあらすじでしたね。

    当時は読書自体が嫌いでもありましたが。

    何でもそうですが、強制されたものって、仮に表面はきれいにできていても、訴えかけるものがないですよね。

    綺麗に書いた文章ではないかもしれないけど、カクヨム投稿作品は、皆、強制されたものではなくみんなが自主的に伝えたいと思って描いた作品だからこそ、拙いところがあっても読んでいて楽しい作品が多いのだと思います。

    作者からの返信

    宿題ほぼあらすじ。わたしもです。笑
    あらすじと時々引用で原稿用紙埋めてました(ノ∀`)

    楽しんで書かれているものは不思議と伝わってきますからね。おもしろいものです(^^♪

    2019年8月7日 17:38

  • 読書感想文ありましたよね。今、小学校で任意なんですよ、読書感想文。地域によるかもしれないですが。

    作者からの返信

    へぇ! 任意ですか(*゚Д゚*)

    ほかの方のコメントで『読書感想文の書き方(評価してもらうための型)』を習う学校もあるとか。

    わたしは身近に子どもがいないのでわかりませんが、調べたらほかにもいろいろありそうですね(*´ω`)

    2019年6月22日 17:52

  • 最近の小学校では「読書感想文の書き方」というのを習うようです。(地域によるかもですが)
    つまり、評価してもらうための書き方を学び、その型に当てはめないと、正当に評価してもらえない。好きに書けないなんて、寂しい感じですね。
    でも利点もあります。それはその本の良さを第三者に説明する能力(雛形みたいな)がつくからのようです。
    ま、応用すれば、何かと人への説明が上手になるとか。眉唾ものですけどねー!

    作者からの返信

    そんなのがあるんですかΣ(゚д゚)

    便利といえば便利なのでしょうけど。
    なんだかなぁーって感じですね(^_^;)

    2019年6月6日 19:44

  • ご感想に同意いたします。にしても、ここは居心地いいです。これもまた感想。

    作者からの返信

    わぉ。居心地よいですかぁ。嬉しい感想をありがとうございます( ´,,•ω•,,)_且~~オチャドウゾー

    2019年5月25日 21:24

  • 自分の好きな本で、自由に書きたいですよね( ˘ω˘ )
    課題図書は当たり外れありますしで。

    作者からの返信

    本にも相性がありますからねー。読書が苦手な子に無理やり読ませればなおさら嫌いになるでしょうし。いろいろ逆効果な気がします(-ω-`;)

    ☆もありがとうございます(^^♪

    2019年5月25日 21:18 編集済

  • 感想文前提で読書すると言うのも苦しいですね。時にはどの本を読むかまで指定されますが、感想なんて読みたいものを読んで初めて書けるんだと思います。
    これが原因で本嫌いになった人、自分もけっこういると思います。本来、本に興味を持たせるのが目的なのでしょうけど、本末転倒ですね(´・д・`)

    作者からの返信

    そう、本に罪はないですが、無理やり読まされた感が読書離れを加速させているような気がします(´・ω・ `)

    もういっそ、本じゃなくてもいいから、なんでも自分の好きな作品のことを好きなだけ語れーってふうにすればいいのに( ̄∀ ̄*)

    2019年5月25日 21:17

  • 読書感想文のせいで、本嫌いになってしまった子供はいると思います。強制されてしまうと、楽しいことも楽しめなくなってしまいますからね。読書を推進させるはずが、逆効果になってしまっているのかも(-_-;)

    言われたからやるのではなく、やりたいからやるのが一番ですね。きっとそうやって書いた方が、その本の良さも伝わるでしょう(^^)

    作者からの返信

    ですよねー。活字離れどうこういうまえに、読書感想文のシステム(?)を考え直したほうがよいような気がします(-ω-`;)

    好きなものを書きたいときに書くのが一番だと思います。弟さんのエッセイもいっぱい伝わってきますもの( *´艸`*)

    2019年5月25日 21:16

  • 思い出の本いいですね、それで共感されたら嬉しいですね

    作者からの返信

    そのうち書くかもしれません。身近に本読みがいないので、リアルではなかなか叶わないし(ノ∀`)

    2019年5月25日 21:15