第29話

「『氷刃アイスカッター』」


 身体を縛る蔦を、身体のあらゆる所から『氷刃アイスカッター』を発動し、切り落とす。


『まぁ、そう来るよなぁ!オラよっ!』


 レンが地面に着地すおちるのを見計らったかのように、首に刃が迫る。

 首に当たる直前に自分の短剣を首と刃の間に滑り込ませ、攻撃が当たらないようにする。


 かなり無理な体制で防御したせいか、咄嗟に短剣を離してしまうものの、一瞬でムルムルに肉迫、ムルムルの腹の辺りに手を当て『氷弾アイスバレット』を発動する。

 後ろに下がっては、隙ができると思っての行動だった。


 結果としては大成功、ムルムルの身体を吹き飛ばした。


 だが、入れ替わるようにオリアスが残った腕を剣にして襲ってくる。

 その刃は切れ味がとても良さそうで、触れただけで肉が斬られるであろうことは明白だった。


 現状、レンは武器を何も持っていない状態だ。

 故に。


「『氷短剣アイシクルダガー』」


 武器を魔法で簡単に形作り、それを武器として使用する。

 向かって来るオリアスを魔法で作った短剣で迎撃、武器は壊れてしまったものの、その間に後ろに下がる。


 その後、オリアスを囲むように武器を作成、完全に包囲する。

 だが、武器はオリアスに向かって突撃するものの全て弾かれ、オリアスの手の届かない所にあったものは風圧によってこわさてしまった。


 そして、次の瞬間。

 背後から殺気を感じ、飛び退いた。

 だが回り込んだかのように、その先にはオリアスが剣を構えていた。

 避けることは不可能。


 だがそこで、レンバーサークはある能力が使えるようになっていることに気がついた。

 だが、このままではその能力を使う前に死んでしまう。


 最低限に身体を全力強化、身体をよじって致命傷にならないようにする。

 そして、地面に着くと同時にムルムルたちから距離を取った。


『ちっ!ちょこまかと……さっさと倒れやがれ!』


 ムルムルが鎌を振りかぶって突撃してくる。

 レンバーサークは落ち着いて能力を解放した。


狂戦化バーサーク、能力解放。――『魔眼』」


 能力を解放したことで、ようやく思い出せたことがある。

 吸収した光の玉は亡くなった人の魂だったということだ。


 そして、それに付属するように付いてきた固有ユニーク希少レア能力スキルからレンに適合するものは使えるようになるようだ。

 だが、思い出せたのはそこまで。


 狂戦化バーサーク自身も、そんな能力があることを忘れていた。


 レンの片目が銀色に変わる。


「『魔眼、石化』」

『あ、あが……っ!?』


 ムルムルの身体は石化、飛んでくるそれを腕を強化してぶち壊す。

 そしてムルムルの身体は粉々に砕け散り、能力を解除した後も動くことは無かった。


 だが、まだ終わっていない。

 オリアスのいた方向に目を向けると、オリアスの姿が見えなかった。

 突如、背中から殺気を感じ、飛び退いた。

 だが、避けきれなかったのか、背中に熱い感覚が走る。


「っ!?」

『よくもやってくれたな……っ。死ね』


 オリアスはレンの身体を蹴り飛ばし、そして倒れたレンに跨って剣を振り下ろした。


「っ!『氷壁アイスウォール』!」


 レンは残り少なくなってきた魔力を振り絞り、自分とオリアスのあいだに魔法を発動する。

 剣は氷に刺さったものの、レンはその場を動くことが出来なかった。

 両腕と両足、どちらにも蔓が巻きついていて、動けなかった。


『あいつだけが使えると思うな。今度こそ、死ね』


 動けないが、そのまま剣が刺さることもない。

 そんな時間は、ずっとは続かなかった。


(済まない、マスター。一度おしまいだ)


 狂戦化バーサークの時間切れだ。


 意識がレンへと戻ってくる。

 起きたら目の前に剣がある、という状況にレンは一切慌てず、死を覚悟して、レンはそっと目を閉じる。


 意識の深層からずっと見ていたレンは、このことに文句を言うことは無かった。

 自分の身体を、能力に預けたのだ。


 それはつまり、自分で勝負を捨てたのと同義。

 文句を言うことはできない。


(今逝くよ。フィーちゃん)


 レンは覚悟を決め、痛みに備える。




























 だが、いつまで経っても、痛みが来ることは無かった。





「死にやがれ……っ!」


 目の前には大きな背中の、おじさんの姿。

 どうやら、勝利の女神はまだレンを見捨てていなかったらしい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます