読み専がカクヨムに登録してみた。

作者 まるて

441

158人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とてもおもしろかった。

ほとんどWeb小説を読まないというのもあって、私の小説の読み方とまるてさんの小説の読み方にはほとんど共通点がない。

なので多くの部分は、私にとって「?」なのだけれど、新しいものに出会うということはこういうことなのだと気付いて納得した。

なぜWeb小説は、こんな読まれ方をするのだろうと疑問に思う人には、特におすすめする。

私の中では、Web小説論の指標となりそうなエッセイ。

★★★ Excellent!!!

うん、正直に言おう。



ちょーーーーぜつ共感しましたっ。
書き手側の感想欲しいって、気持ちと、自分の好きな作家さんを底が見えないほど心酔すること、小説を浴びるほど読みたいこと。



もう、まさに、僕の言いたいことそのままって感じです。

こんな人に読んでもらいたいってとても強く思いました!

★★★ Excellent!!!

正直、初めてこういう作品を読んだのだが、とてもスラスラと読め、書き手が読み手のことを知れる最高の作品だと思った。

そして、
1話1話を見るたびにどうしても応援したくなった。
そうしている内にいつの間にか全ての話に応援をしてしまいなんだかとても迷惑をかけてしまったのではないかと反省している。
そして終いには星を3つも付け、レビューも書いてしまった。
だが全く後悔はしていない。

話は変わるが、この作品を見ていてどうしても1行も、1文字も飛ばしてしまうのがなんとも惜しい。

だがなんとしても、
どんな新人の作品でも、どんなベテランなカクヨム作家が書いた小説だろうと、
きっちり、最後まで1文字も飛ばさずに見ることが大切なのだと思った。

★★★ Excellent!!!

筆者が良い作品に出会うため、描き手へ向けた応援エッセイ。

描き手をしていると、読み手であった頃の純粋な欲望を忘れがちだ。それをサラりと分かりやすく説明してくれている。さらにケースを紹介してくれていたり、分かりやすく引き込んでくれる。

そして、簡潔かつ綺麗に完結してくれる。私は、この筆者はたくさんの書を読んでいる事に加え、回転の良い頭脳も持っていると感じた。

描き手として読み手に立つのではなく、《読み手である気持ち》を忘れないようにしたいと思った。

なお、このレビューはこの作品に対して感謝の意を表明した物である。他意はない。

良い刺激を貰いました。Grazie mille!

★★★ Excellent!!!

 この正直なエッセイは、書き手が、読み手を十分にイメージするのに優れていると思う。

 読み手は皆、鬼である。

 私も読む場合、鬼になる。ひたすら、自分の欲する好み、共感、感動、文体、ユーモア、リズム、描写、表現を求めている。それらが数行ないだけでも、ひどく残念に思う。時には、イラっとすることもある。

 書き始めて、書き手の苦労を想像できるようになると、そのイラっとするのはいかがなものかと思っていたけれど、このままワガママな鬼の読み手の感覚を封じ込めないことにしようと思う。

 きっとそれは書く際にも必要になるだろう。

 このまま、読み手としては、鬼子であり、鬼美であり、鬼代として生きていこうと思う。素晴らしく参考になるエッセイでした。

 ありがとう。

★★★ Excellent!!!

こんな世界があったんだ!!

と、書籍派読者の私は、目から何なら玉が出る思いがしました。

読書はケータイでWeb小説という、読み専さんの世界が広がります。

推し作家、サーチ力、非公開ツイ垢を探し出すほどの熱意。
時にはDMでファンレターを送り、時にいっさいの足跡を残さず見守りつづける。

そして、求める小説と出会うため、自身の趣味嗜好である「エモい」と感じる条件を見つめ、徹底的な検索を行う執念。

こうした熱狂さはどこか、二次作のマンガやら、地下アイドルの世界とばかり思ってましたが、Web小説の世界もアツいと、その思いの丈を知りました。

作家でも人気でもなく、自分がエモいと思った作品を大事にする読み専さん。

尊いと思える作品とは、出会うものなのかもしれません。
でもこの作品を一気読みして、読み手も書き手も、行動しなければ出会うチャンスも少ない! と気づかされました。


ところで「そんなつもりで書いてない」と叫んでみて頂いてもよいですよ!

★★★ Excellent!!!

書き手は皆、かつて読み手だったと思います。
私も最初は読み手でした。
……もう、書くようになってから20ピー年経つので、読み手「だけ」だった頃の記憶はあやふやですけれども(笑)

今でももちろん、ヨムヨムしますけれども、やっぱりそこには「書き手」としての視点が入ってしまいます。
「ああっ、この表現、詩的だなぁ。いつか、私も使ってみたい」とか、
「このプロローグ巧いな~! 続きが気になる!」とか、
「うわー、この構成、やられたーっ!」とか。

なので、読み専さんの視点については、わからないことだらけ。
自分が読み手だった幼少期には、ネット小説も、投稿サイトもありませんでしたから。

なので、読み専さんの視点で綴られたこちらのエッセイは、とても勉強になりました!
「あらすじって、そんなに大事だったのか!」とか、
「章タイトルも大事なのね!」とか。

書き手さんには目から鱗の情報が満載です!!
どうやったら読んでもらえるのだろうと悩んでいる書き手さんには、ぜひ読んでいただきたいです。

★★★ Excellent!!!

書き手の描きたい世界は、ワガママな読み手と違うものである。
書き手の欲しいものを、読み手が与えるのは難しいことがある。
ということを、周囲の人間を交えてうまく書き表した良作エッセイでした。


余談ですが、「昨今の消費者は、口の前まで料理が運ばれてこないと食べてくれない」という趣旨の事を言っているプロデューサーを思い出しました。
食べやすいですよって訴えかける編集って多分大事なんですよね。

★★★ Excellent!!!

20年近く前、まだダイヤルアップだった時代に、私は初めて個人サイトでWeb小説を読みました。あの時は私も読み専でした。
それから幾星霜、私はいつの日か自分が書き手にもなってしまいましたが、今でも読み手でもあります。
だからか、こちらの作品を拝読していて「わかる!!ある!!」があったりもしました。
時代も変わるし私も変わる。カクヨムで書き手になってしまった私と現代の読み専さんとでは少しずつ生態が違ってきているようです。が、理屈はわかる。本当にわかる。
初心に返らねば、と心から思いました。
懐かしい記憶をありがとうございました。
そして私もこそこそと読み手としての活動を続けていこうと思います。

★★★ Excellent!!!

読み専とは利己的な生物なのだ、とよくわかった。まあ書く方は書く方で利己的だけどな!

また、どんな展開でもいい、ということも把握できました。ただし、想定されるエモ曲線。こいつの傾きだけは外すなよってゆうね。予想は裏切り、期待は裏切らない、ですねー。

一般化するわけにはいかない内容だとは思います。けれども、人間心理ってこんな感じ、だとも感じてしまうのです。

貴重な知見でした。感謝!

★★★ Excellent!!!

 「物」を書く上で忘れてはならない事、読み手の人々がどう思っているのかを、分かりやすく、そして、リアルに書いて頂いた素晴らしいエッセイです。
 このエッセイから学ぶ事は多く、自分も読んでいる時に「もっと頑張らなければ」と思いました。書き手として悩んでいる方は、ぜひ、このエッセイを読んでみて下さい。

★★★ Excellent!!!

「自分の作品が読まれない」

そう苦しんでいる『書き手』さまはおそらく、少なくはないでしょう。
そしてその打開策として、

「『読み手』の気持ちを理解したい」

と考えている方もまた、多いのではないでしょうか。

本文の中で著者さまは、『読み専』としてのストレートな意見を、実に忌憚なく、そして余すところなく述べてくださっています。

『読み手』側の思考に触れることにより、『書き手』側はまるで、闇の中に光を見出すような、まさに『救いの手』を差し伸べられることでしょう。

本論考が、『書き手』のみなさんにとり、最良のシェルパとなることは言うまでもありません。

ただ、これを受けてどう考え、どう行動するかは、それぞれの『書き手』にゆだねられている。
それだけは決して、間違えてはならないと思います。

★★ Very Good!!

別所で二次創作をちまちましている人間だけど、

「そもそもずっと私は読み専だったので、個人サイトも投稿されている小説にも筆者や管理人がいるという発想になかなか行き着かなかったのだ。」

という一話目の一文に背筋がゾワッとした。
なぜなら私はずっとどこかしらで文章や絵を描いて出していて、界隈にどっぷり浸かった人間だった。だからこそ、読み専アカウントからの、書き手からすれば心無い行動が理解できなかった。「こっちも、読み専と同じように仕事/勉強して家事して、その合間に書いてんだよ!生活あるんだよ!」って。でもこの一文を読んで、ものすごく納得してしまった。

作品の向こう側に人がいることがわかってなければ、相手を慮る行動は到底できない。でもそれは書き手だって同じこと。

読み専ジャンルはあれど、やはり書き手の視点を持っているとどうしても気持ちや視点がそちらに寄りがちだし、読み専の方のアカウントってRT>自分ツイートってことが多くて何を考えているのかこちらからは見えにくい。だからこそ、筆者の文章は貴重に思えた。鍵垢読み専コミュニティ……読んでいた中で一番予想外の展開でした。

★★★ Excellent!!!

「読み専」と名乗られてますが。
読む側が思わず食いつくような内容を、わかりやすい文章で書かれているあたり、この方もじゅうぶん立派な書き手です。
お言葉を借りれば、あっという間に「すいすい読めてしまいます」。
読み専であれば、単純な好みや気分だけで作品の優劣を決めてしまってもまったく問題ないはずですが、とてもわかりやすく、理論立てて作品の判断基準を説明してくださっています。
多くの書き手はもちろん、できれば読み専の方にも是非ご一読いただきたい一作です。


★★★ Excellent!!!

書き手側のエッセイは数あれど、純粋な読み手側としてのエッセイは、なかなか無いのでは、と思います。

普段、読者の皆様が何を思い、小説を読んで下さっているのか。
彼ら、彼女らは、どのようにして私達の作品までたどり着いて下さるのか。

このエッセイには、簡潔に、丁寧に、これらの情報を綴って下さっています。
まさに宝の山です。

感想が欲しいし、PVも伸びて欲しい。これが多くの書き手の切実な悩みだと思います。
一方で、読者には読者の悩みや苦労がある。
当たり前のことですが、読者と書き手は対等です。
それゆえに、私たち書き手は、読者の方がきちんと読みたい作品に辿り着けるよう、「あらすじ」や「タイトル」、「タグ」を設定しなければならないな、と改めて感じました。

本当に貴重な資料だと思います。
皆さま、是非ご一読ください…!

★★★ Excellent!!!

今までも読み専門の方のエッセイはいろいろありましたが、こちらの内容は非常に「現代風」。
今のweb小説の動きを非常に強く感じさせてくれることが書いてあります。
もちろん、ここに書かれていることが読み專の共通認識とかそういうわけではないと思います。
それでも、今までにない新しい気づきを与えてくれる内容でした。

★★ Very Good!!

書き手の心情が語られた文章は多くあります。それはそれで面白いものなのですが、このエッセイは異色です。

なにせ、知られざる……いわゆる『読み専』と呼ばれる人たちの思考の一端がつまびらかにされているからです。

カクヨムに登録して、しばらくしてから知ったそんな方達の存在。その『読み専』の方が綴った貴重な文章。カクヨムの端っこで、まがりなりにも文章を公開している者としては、これは気になります。

不勉強かもしれませんが『かんこな』など、自分が知らない表現もチラホラ。

なるほど、このような思考や行動をされているのかと、参考になりました。
と、いうか。すこしだけ理解が深まりました。

なににせよ、WEB小説を通じての交流は、いまの時代ならではの素晴らしい有り様だと実感しています。

カクとヨム。どちらの方達にも、多くのよい出会いがありますように!

★★★ Excellent!!!

読み手の事を全く考えられていなかった。
読み進めるごとに反省させられる。
大変ためになり、書き手はまず読むべきだ。

しかし、全てを実行できるかどうかはまた別問題だと痛感する。
私が小説を書き始めたのは学生時代にゲーム(RPGツクール)のシナリオを考え始めた頃からで、第9話で出てくる作者様の弟さんと同じく、『良い物を書けば読者が必ずつくと考えている。』部類の人間である。
弟さんほど文才はないだろうが、読み手への配慮が出来ていない点では同じなのだろうと、勝手に親近感を覚えた。
それを踏まえた上で、私には実行できない事だと思ったのも確かだ。

現に、作品タイトルや章タイトルに関して、センスが皆無だと自分で思い知った。
これはもうどうしようもない、ハッキリ言って諦めた。
それでも呼んでくれる読み手の方に心から感謝しながら、自分なりに頑張ろうと思う。

でも、やっぱみんな感想が欲しいよね。
これが書き手のサガなんだろう。

★★★ Excellent!!!

カクヨムに登録してまだ間が無い頃。

ふと、気づいたんです。

「あれ? この、プロフィール欄に何も書いて無くって、アルファベットとか数字の羅列のペンネームの人って、なんだろ……。作品も掲載してないし……」

ただ、ものすごく嬉しいコメントや、凹んで動けない時に、的確にフォローを入れて下さったりするんですよね。

実際、「もう、辞めよう……」と何度も思いながらも、それでもカクヨムにいるのは、そういった方々のお陰です。

その後、『読み専』という人たちを知りました。

登録時から今までおつきあいのある、そういった方々に励まされて、現在の自分が居ます。

ただ、こちらから、そういった方々にアプローチってなかなか出来ないんですよね。

読み専さん、って『近況ノート』を動かしていない方がほとんどなので……。

なので、こちらの作品を拝読し、「へぇ! なるほどなぁ」と目から鱗の意見がたくさんありました。

私のように、Twitter等をしていない書き手は、なかなか交流のある『読み専』の方に、お礼を言う機会はありませんが。

いつもありがとうございます。
皆さんの言葉があるから、私は今日も、物語が紡げるのです。

★★★ Excellent!!!

携帯小説が流行り始めたころ、無料で読めるから、と手軽に読んで、それからどうしただろうか。
かつての自分を振り返ると、失礼な読み手ではなかったかと恥ずかしく思います。

今、書き手として「欲しいな」と思うことをその時に伝えただろうか。
読み歩いていた時に思った事を、いま自分が作品の中に活かすことができているだろうか。
一つ一つにはっとさせられました。
こうして伝えてくださることが、本当にありがたい。

「カク」「ヨム」のどちらの立場にも大切なことが詰まっているエッセイです。

★★★ Excellent!!!

カクヨムに登録してもうすぐ一年になる私ですが、読み専さんという存在を知ったのは割と最近のことでした。
最近、自作をフォローしてくださる読み専さんが増えました。コメントは残さずともどうやら読んでくださっているだろう彼らが、何を思い、どのような観点で小説を読んでいるのか。
このエッセイは、そんな私の疑問に答えてくれました。
読み専さんとは、コメントによる目に見える交流はなくとも、作品を通してきちんとつながっているのだと実感しました。
また明日からがんばって書こうと思える、そんな力が湧き上がってくるエッセイです。

★★★ Excellent!!!

とても読みやすく、書き手が気づかないようなポイントにも着目しています。

カクヨムは評価と作品フォロー、ふたつの評価軸があるため、片側に寄っている作者は「評価されていない」と感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、このエッセイで触れているいるように、目に見えていないだけでずっと通っている読者も存在します。そうした方との繋がりを持てるのが「カク」「ヨム」の理想だと思いますが、まだまだ道は険しい。

このエッセイには、乗り越えるべきヒントがたくさん詰まっています。
読み専書き手問わず、WEB小説に関わるすべての人に読んでもらいたい作品です。