第20話雪原

道はやがてとだえ、広い野にでる。

雪が静かに降り続けている。

猫は、白い息を吐きながら、進んでゆく。

少女の意識は混濁する。単調な歩みのリズムが、精神を削り落してゆく・・・。

変化のない景色。灰色と白に二分割された映像が、ただ目を通して入り込んでくる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

猫と香草 つばめのす @solarissiralos

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ