第4話阿坂城の戦い その四

 視野が明瞭になった。


 かかっていた白い薄絹が気づけばなくなり、足元のシダも目の前にいる同輩の顔もはっきりとわかる。前方にいる秀吉の兜も見えた。後ろ立ての馬藺ばりんの一枚一枚が日を浴びている。




 霧が晴れたのだ。




 突撃、開始。


 城を包囲していた兵たちは一斉に崖をよじ登り始めた。敵の矢を怖がっていては一番乗りは手に入らない。








 砂糖の山に群がる蟻のごとく。兵たちはとどまることがない。本丸に侵入しろ、門を破るのは誰だ、我こそが――!




 一人の兵が虎口にたどり着いた時、彼は倒れた。突然のことであったのですぐ後ろにいた同輩も体勢を崩し乗っかる形で転んだ。起き上がろうとしたが、できなかった。喉元に矢が刺さったからだ。




 待ち構えていた阿坂の兵たちが見張り台から一斉に矢を放ったのだ。




 虎口だけではない。北側に廻って這い上がっていた者たちも一斉射撃を食らった。矢で射られる者、礫に目をつぶされた者――。雪崩のように兵たちは斜面を転がり落ちていく。


 落ちた先にも容赦なく矢の雨が降ってくる。とりあえず退かねばならない。矢から逃げまどった者たちは今度は竪堀にはまった。


 しまった!


 這い出ようとするも互いに押し合い味方を踏みつける。そこを阿坂の鉄砲組が上から狙う。味方を踏み台にして這い出た者は弾にあたり再び竪堀の中に落ちて行ったのである。




 味方の惨状を目の当たりにした兵たち。これはダメだと判断し、谷の西側の森へ逃げ込もうとする者もいれば、ひるまず再び斜面へ駆け上がろうとする者もいた。


 駆け上がろうとした勇ある者は岸壁の土くれに足をかけた瞬間に矢で射られた。




 森へと向かったものは――、無惨……。


 そこには北畠の兵たちが弓矢、あるいは槍をかまえて待っていたのである。


八田城からの援軍だ。彼らは霧の中を城の後方の尾根伝いに移動し、森の奥から秀吉の兵たちの動きを凝視していたのである。地の利をなめてはいけない。




 逃げ場を求めた秀吉の兵たちはさらに西側へといっせいに走った。そこには、六十間もの長さの竪堀が――。堀の底から天に向かって鋭く斬られた竹が乱立していた。


 前にも横にも進めない。兵たちは城壁を見上げた。察したのである。罠にかかったことを。






 土塁から無数の顔がのぞいている。老人、女、中には年端もいかぬような顔も。家を焼かれ里を追われ城に逃げ込んだ民である。




 恨み。怒り。そして矜持。


 それらを礫や矢にこめて――。




「織田め!」




 崖下の兵たち目がけて放たれた。








◇◇◇






 歓声がわく。城内の民は高揚していた。




「織田のやつらめ! 尻尾巻いて帰りやがれ!」




 秀吉の兵の亡骸が堀を埋め尽くしている。勝った! 我らは勝ったのだ! 鉄砲組も弓矢組も拳をあげて喜んでいる。多気丸少年も隣り合わせた百姓の童たちと飛び跳ねた。皆、勝利に酔いしれていた。




 その中で一人、冷静な男がいた。櫓の上にいる大宮大之丞である。




 彼は大きく息を吐いた。矢を番える。そして弓をひいた――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます