あいつの奥さん

桃もちみいか

友達の妻

 いつまでこんな関係を続けるんだ。俺たち。


 泥沼の恋愛だとは思わない。


 悲しげに座っていた。


 カフェにいた君に話しかけただけ。


 ただ悩み相談を受けてただけ。


 俺ってやつは、恋愛のその手のハードルが低いのか?


 キスしたら歯止めが利かなくなっていた。


 あれよあれよという間に、肉体関係を持ってしまった。


 ただ慰めるつもりだった。


 一度きりのはずだった。





 俺と奥さんがこんな事になって、あいつには合わせる顔はないが。


 そんなに罪悪感もなければ、人妻と付き合っている自覚もない。


 今までの彼女と一緒だ。


 好きな女。


 ただ、それだけ。





 彼女を抱いたあとは、満足しきって俺はぐっすり眠り込む。


 彼女はそっと帰って行く。


 あいつの待つ家に。




 どんな顔してあいつと飯を食ってんだ?


 彼女が来るのは決まって、土曜の朝さ。


 仕事だと言って出て来る彼女。


 行き先は俺ん家だってのに。


 フッ。

 皮肉気な笑いが俺から漏れる。




 お前もな

 悪いんだよ。




 元々お前の奥さんは、俺の彼女だったんだからな。



 その昔、お前に寝盗られた仕返しだよ。











 人の彼女を奪っといて、

 大切にしてない。





 自業自得だな。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

あいつの奥さん 桃もちみいか @MOMOMOCHIHARE

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ