少女達の秘密 オープニングフェイズ1

――――夢を、見ていた。


今より地平線が何処までも延びていた時代。

今より知性が低く技術も無かった時代。

私は何故こんな時代に来たのか分からなかった。私はあの時狙撃されて死んだはずだ。なのに目が覚めてみれば、サバンナ地方のような風景の場所に寝転がっていた。服はそのまま、怪我もなくなっていた。UMライフルと偵察機シェンフィールドも無事だった。偵察機で周囲を探索してみると、世界中が何もなかった。近代施設というより建物らしき物は一切無くなっており、人間と呼べる生物もほぼ裸のまま闊歩していた。これで自分が非科学的ではあるがタイムスリップしたことを知った。


――そして、彼女に出会った。

「こういうところで寝るのは気持ちいいよね。貴女、名前は?」

出会いは何時だって唐突に。今でもたまに訊く。どうして声をかけたのかと。何時でも答えは同じだった。

「脆くて崩れやすかったからね。補強しないといけないでしょ?」と。

そして私は彼女が差し伸べる手を取り――












「おーい、ティーナー。あーさーだーよー」


フェル:やっと登場ダイスが振れるよ。ほいっと(コロコロ)。・・・・・・5上昇で42だね。まずまずじゃない?

ティナ:じゃあ私もですね。行きます(コロコロ)。6上昇で52ですか。少し不味いかもしれません。

フェル:あー、初期侵食値。

ティナ:ですです。

GM:大丈夫だろ。エフェクト周りを使わなければ。



ティナ:「ん・・・・・・・?フェル・・・・・・・?」

フェル:「おはよ、寝坊助さん。今日はティナが朝ごはん担当だよ?」

そう言いつつあの時と同じように右手を差し伸べる。その手を取って私は起き上がる。

ティナ:「おはようございます。・・・・・今、何時ですか?」


フェル:いつも起きるのが7時位だからこういうときは四面ダイスと十面ダイスと六面ダイスで決める!ダイスロール!(コロコロ)うん、2!6!2!つまり、9時26分なう!


フェル:「9時26分だね。・・・・夢でも見てた?」

ティナ:「ええ。フェルと会ったときの事を」

するとあからさまにフェルは顔を紅くして頬を掻いた。

フェル:「ティナ?それってすごーく昔の話だよね?え、なに?もしかしてその夢たまに見るの?」

ティナ:「あの出会いがなければ、私はあのときに死んでいたも同然ですから。だから、でしょうか。あのときの出来事以外にもフェルとの思い出をよく夢で見ています。あの時の感謝、誓いを忘れないように」

そして取った手に口付けを。


GM:ヒューヒュー!

フェル:ティ、ティナ!?

ティナ:フェルは身内からの突発的事象には弱いですからね。不意打ちをさせていただきました。


フェル:「・・・・・・もう。私以外にそんなことしないでよ?」

言いつつキスされてる手はそのまま、左手でティナの頭を撫でつつ私の胸にダイブさせるよ。

ティナ:「わぷっ。・・・・・・それは相手次第ですね。相手が好意を向けてくるのなら、フェルだってこういったことをしているでしょう?」

フェル:「それはそうだけど、ティナは私のもの、だからね?」

ティナ:「もし他の人としていたときは、フェルも混ざっていいですからね。それと、私はフェルのものですが、フェルは私のものですからね?」

フェル:「うん。もし他の人が混ざろうとするなら、積極的に受け入れようね?」

ティナ撫で撫で~

ティナ:されるがままです~。あと胸のもふもふ感覚を味わうのです~。


GM:共依存型百合夫婦じゃねーか。そしてその次の標的は・・・・・・、あっ、ふーん(察し)

フェル:(目逸らし)

ティナ:(目逸らし)

GM:こっちを見ろ!なぁ!?


フェル:「さて、話しすぎててもう11時だよ?」

ティナ:「そうですね。朝食よりブランチになりましたね。何処かに食べに行きますか?」

フェル:「じゃあティナの奢りでお願いね。お給料、たんまり入ったんでしょ?」

ティナ:「お金がなければ作ればいいだけですしね。・・・・・・・・冗談ですよ。フェル、貴女の望むがままに」

フェル:「じゃあ――――」


GM:というところで終わりでいいか?エンディングっぽい描写だけども。

フェル:ありがとー。このあとに会うんだよね?

ティナ:そうでしょうね。登場ダイスは振るのですか?

GM:いや、続きだから振らなくて良いよ。

ティナ:ありがとうございます。


GM:次は時系列順でフェルが先だな。

フェル:おっけー。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます