最終章 那由他

第1話 何してくれんねん!

 大きな揺れはすぐに収まった。

「何が起きたの?」

 しかし、とおる空大こうたの姿は消えたままだった。

 結音ゆのは残されたことに困惑の目を向けた。

「あいつ等は?」


「逃げたんだろ」

 研斗けんとが蔑むように言った。


ちゃうわ、始まったんや」

 真琴は本堂に視線を向けた。

 暗闇の中、怪しく光る本堂を見て、邪悪なモノの封印に異変が起きた事を察した。

「あたしも行かな」


 邪悪なモノとの戦いに加勢するつもりの真琴は、遅れを取ってはいけないと焦ったが、目の前に群がる狼族を何とかしなければならない。澄のように手加減できるかはわからないが、やるしかない。


「邪悪なモノってのが封印を破ったのかな? 俺達もこんなところでモタモタしてられないな」

 研斗も怪しく光る本堂を横目で見た。そして、澄に倒された人狼達に鋭い視線を送った。すると、人狼達がフラフラと立ち上がった。

 ダメージは残っているはずなのに、牙を剥き出しながら迫ってくる。

「殺さずに倒すなんて無理だぞ、知ってるはずだ、人狼は命令のまま、死ぬまで戦うんだ」


 たちまち人狼と狼族に取り囲まれる真琴と結音。

「どうする?」

 結音は真琴に目配せした。

「こっちが聞きたいわ、殺さずに倒すって、どうしたらエエんや」

 変化して全滅させるのは容易い、しかし、元は人間の人狼は犠牲者だし、結音の言う通り、狼族も研斗に騙されているだけかも知れないと思うと、無益な殺生は避けたい。


「この期に及んで躊躇うとは、バカな奴等」

 研斗が吐き捨てるように言った瞬間、

 シュッ!


 空気を滑る鋭い音と共に、研斗の首から上が吹っ飛んだ。

 勢いよく噴き出した鮮血と共に、切断された頭部が地面に転がった。


「え……?!」

 何が起きたかわからず、真琴と結音が愕然としている間にも、周囲の人狼と狼族の首が次々と宙に舞った。

 そして血吹雪を撒き散らしながら地面に落下していく。


「な、何よ、コレ!」

 ボールのように転がった頭部を見て、結音は狼狽した。


「狼なんか敵やない」

 鞭のように伸びた爪を元に戻しながら現れたのは、カラスの濡れ羽色の長髪を一つに束ねた男性、二十歳前後に見えるが、真琴の父親、びゃくだった。眉目秀麗という言葉は彼の為にあるのではと思わせる美しい顔立ち、白い歯が零れる口元には爽やかな笑みが浮かんでいた。


「何してくれんねん!」

 自信満々の笑顔を向ける白哉の頭を、真琴がパシッと叩いた。

「え……」

 白哉は意味不明とばかりに頭に手を当て困り顔。

「えーっとぉ、愛娘のピンチを華麗に救ったんやけど……」

「娘?」

 白哉と初対面の結音は目を丸くした。


「真琴の父の白哉です、可愛い狼のお嬢さん」

 結音に気安く握手する白哉の手を、真琴はすかざずピシャっと払った。

「握らんでエエ」

「相変わらず冷たいなぁ、久々の再会やのに」

「悪かったな結音、皆殺しにしてしもて」

 白哉を無視して、真琴は父親の蛮行を結音に詫びた。


「やってしまったものはしょうがないわよ」

 結音は無残に転がった研斗の頭部を見下ろした。


 茫然とした間抜け面だった。自分が死んだ事さえ気付かないほど一瞬の出来事だったのだろう。あんなに大口を叩いていたのに呆気ないものだ。

 どれだけ多くの仲間を集めて意気込んでも、圧倒的な力の前には問答無用で蹂躙じゅうりんされる。力の差とはそう言うものなのかと結音は歯噛みした。


「真琴ちゃんらしないやん、こんな雑魚どもに手こずるなんて」

「手こずってないわ! どうしたら殺さんと動きを止められるか思案してたんや」

「なんで?」

「結音はな、裏切り者とは言え、騙されてついて来た者もいるやろうし、なるべくなら生かして、連れて帰ろうと思てたんや」

 それを聞いて白哉は大きな溜息を漏らした。

「それは甘いんちゃうか~、事情はどうあれ、一度裏切った者は、次もまた裏切るで」


「白哉様のおっしゃる通りだ」

 いつの間にかそこにいたが神妙な面持ちで言った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る