第5話 増えます、増えます!

単純な無限増殖じゃないよな。


外に出してものは増えてる。

けど、部屋に戻すと霧のように消える。


食べ物は?


俺は机の上に放ってあったコンビニの袋をひっくり返した。

食べ物が増えるんなら結構いい。


袋から出てきたのはポテトチップス、(うす塩‼︎やった!)

オレンジ味の炭酸ジュースと水のペットボトル、

(もしかして水は正解か?)

菓子パン、

(中にカスタードクリームが入った揚げパンに粉砂糖とナッツがかかっている。普通のパンが良かったか?)

そして、最新刊の単行本。

(ああ、落ち着いたら読もう!)


俺は無くなっても補充が効く水を持ち出すことにした。


カリンの目の前でペットボトルのキャップを開ける。

見たことの無い材質のビン(に見えるらしい)に彼女は驚いている。


初めは地面にまいてもいいかと思ったが、やはりもったいない。


じっと見つめてくるカリンの視線に、俺は彼女の分も持ってくることを思いつく。同じ物を同時に持ち出せるか、実証できるじゃないか。


水のペットボトルをカリンに持たせるともう一度部屋に戻る。元の場所にやはりペットボトルはあった。


それを手に取ると外に出る。


カリンの手には…まだペットボトルはある。感覚的には二本に増えた感じだ。


制服は破れても復元されているから、これを飲んでも部屋の中のペットボトルは変わりないはずだ。


2人で飲むことにする。


カリンは恐る恐る口をつけたが、キレイな水に感動したらしく、あっという間に半分ほど飲み干した。


もちろん俺も同じだ。


そしてペットボトルはそのまま置いて、検証の為部屋に戻る。


よし、思った通りだ。ペットボトルはキャップも中身も新品のままだ。


ついでにそれも持って出る。


よし、三本になった。


今度は飲み終わった空のペットボトルを持って部屋に戻る。

やはりそれも霧散した。


けど、水を飲んだ感覚…喉が潤っているとか胃に水が入った感覚はそのままだ。


つまりこの部屋から持ち出した物は増える。部屋に戻さなければそのまま。

体内に入れると入れた物はそのまま。


かな?


そして俺も外に出ると増える。

部屋に戻ると1人に戻る。

外で死ぬと部屋の俺が目覚める。


たぶん。


あと確認しておきたい事が一つ


俺のスマホは使えるのか?


つづく

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます