さあ、箒に乗って旅に出よう

作者 伊予夏樹

優しさと切なさの混交

  • Good!

目を通した時から読書にあるひとつの直感を抱かせてくれるお話です。
とても優しく展開する少女たちの友情、可愛らしく微笑ましい世界。けれど私たちは決して最初の予感を忘れることなくお話は最後を迎えるのです。
最後はため息とともに。
切なく、優しく、少し怖くて、心に残るストーリーでした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク