第22話 死体の師


「なぜ!お前が!」



(いや、そもそも俺だけが使える力だと誰がいった!今まで俺以外に使える奴を見てないだけだろうが!そもそもこの力自体、何故俺が使えるかもハッキリしてないだろ!)



いつの間にか殺気の具現化が自分だけのもの、自分だけの力だと思い込んでいた自分を心の中で怒鳴どなる。



「今度はこちらからいくぞ!」



リビングデッド声を上げて近づいてくる。

殺気をまとったままの刀が振り下ろされる。だが、カケルは食らうつもりは毛頭もうとうない。

すかさず振り下ろされる刀を同じく殺気を纏わせたままの刀で受け止める。



「ぐうっ!」



受け止めるもリビングデッドの攻撃は重くカケルは受け止めるのに精一杯せいいっぱいだ。

リビングデッドは更に力を入れて押し込んでいく。



「くっ!」



(このままでは押しきられる!何とか流さなくては!)



このままではやられてしまうと思ったカケルは攻撃を受け流そうと試みる。だが、その瞬間に受け止めていた刀の重さが一切いっさい無くなった。



「なっ!」



リビングデッドは押し付けていた刀を手放したのだ。

受け止めていた力が急になくなり驚くカケル。

そのカケルをよそにリビングデッドは攻撃をした。

今まで刀を握っていた手に殺気を纏わせ、手刀しゅとうを繰り出した。その手刀は纏った殺気が、まるでブレードのような形に変化し、カケルを襲った。



「うおぉぉぉぉ!」



何とか刀で受け止めるが押しきられ、再び吹っ飛ばされた。

だが今度は空中で身をよじり態勢を整え、しっかりと着地した。



(くそっ、あんな事も出来るのか!)



この力を自分より上手く使いこなす目の前のアンデッドに思わず感心する。

刀を持っているから、いや、刀を使ってきたカケルには、手に具現化した殺気を纏わせ、第二の剣を作り出すなんて発想はなかった。



(これはこっちが不利なのは明白か。相手の方が技術と力が上だ。それにこっちが得意な手である殺気による翻弄ほんろうも、具現化した殺気の攻撃も全て潰されている。こいつに勝つのは今の俺では無理だ)



この勝負、今の自分では勝てない。カケルはそう断言した。

だが、彼はこの勝負は降りられない。いや、降りてはいけないのだ。



(だが、この勝負は降りる訳には行かない。あのアンデッドを放っておくわけにはいかない。

奴の刀もそうだが奴自身も放ってはおけない!)



カケルはどこかで気付いていた。何故このリビングデッドが師匠の刀を持っているか。何故このリビングデッドの動き、技術が殺刀気真流のものなのか。何故あのリビングデッドは隻腕せきわんなのか。カケルはおおよその検討は付いていた。だからこそここで下手にこのアンデッドを放っては置けないのだ。



(今さら話し合いでどうにかなるか?いや、あのアンデッドは他の魔物とは違う。おそらく無理だろう。だとしたら残された道は勝つ事だけだ)



カケルが思考を巡らせている間にリビングデッドは手放した刀を再び広い上げている。



(くそっあのじじいめ!まだ教え足りなかったってのか)



ここで勝つにはここで成長しなくてはならない。

今の自分を越え、自分の師を越えなければならない。何でもいい、力でも、技術でも、具現化した殺気でも、何か1つ、目の前のリビングデッドより上にいかなくてはならない。


だが突然、力が上がる事も技術が上達する事も現実的ではない。ならば、残りは1つ。元世界では殺気の分野ぶんやだけは師匠より上だったのだ。具現化するようになり、仕様が変わってしまったが、勝てる可能性があるのは、この世界で新たに備わった力、具現化した殺気だけだ。



(だが、どうする)



確かに元の殺気の使い方も、質も、強さも、師匠よりは上だった。だが、具現化した殺気の方は対して訓練などしていない。ぶっつけ本番で出来るのか。それに具現化した殺気の使い方を知ってるのはこちらだけではない。


例え、何かしても先ほどのように相殺そうさいされてしまうかもしれない。となると出来る事は限られてしまう。



(どうする、どうする、どうする!)



悩むカケルだが、ある事に気づいた。

それは殺気が具現化、本来ものが実態化し、ようになったという事だ。



(まて、殺気が具現化したということは・・・

出来るかどうかはわからないが、やるしかない。次で、決める!)



カケルは覚悟を決めた。





「いくぞ!じじい!」



カケルが真っ直ぐ突っ込む。



「血迷ったか」



リビングデッドは甘すぎる攻撃に正面から受けようとする。先ほどのように刀に殺気を纏わせ、カケルが間合いに入ってくるのを待っている。


そして、カケルがリビングデッドの間合いに入ったその時、リビングデッドの視界、周囲が黒い色に奪われた。



「なに!?」



突如として現れ視界を遮った黒いものに驚く。

その正体はカケルの具現化した殺気だ。カケルは自分とリビングデッドと自分周辺をおおううようにして殺気を具現化させた。

本来の殺気、目に見えず感じ取る事しか出来なかった殺気ならばこんな事にはならない。

この世界で具現化という可視化かしかできるようになった事により、それは相手視界を遮断しゃだんする役割を新たに持ったのだ。



「ええい!じゃまだ!!」



リビングデッドもその正体に気付き、自身の具現化した殺気で相殺しようとする。



「なに!この量は!」



だが、カケルが出す殺気とリビングデッドが出す殺気では量、質が違った。リビングデッドの殺気はカケルの殺気を相殺していくが、相殺した部分をすぐさま殺気が覆い、相殺が全く追い付かない。


リビングデッドが殺気に視界を奪われ、殺気による気配の撹乱かくらんでカケルを見失っていると、それはこの殺気の闇の中から現れた。



「終わりだ」



細くそして長い鋼は突如、闇から現れ、リビングデッドの腕を切っていった。



「ぐぉぉぉぉ!」



刀を持ったままの骨の腕が宙を舞い、まもなくして地面に音を立てて落下した。なにもない高原に金属音が響く。



「俺の勝ちだ」



使える腕を失ったリビングデッドはその場に倒れ込む。もう、カケルが放った具現化した殺気はなくなっている。



「そうだな」



リビングデッドに先ほどまでの戦意は見られない。

リビングデッドはカケルの言葉を肯定する。それを口にするリビングデッドは、表情はないがどこか清々しい物言いだった。


カケルは黙って落ちた骨の腕と刀を拾い上げる。そして、それを持ちリビングデッドの元に向かった。

そして、リビングデッドが持っていた刀をおもむろに振り上げると、地面に突き刺した。



「私を殺さないのか?」


「いや、この刀のこと聞いてないし」


「む?そうか」



ここで本来の目的、この刀を何故持っているかに、話が戻った。そしてリビングデッドは倒れたままその刀についてついて話はじめた



「最初に言ったようにその刀は私の物だ。私が生まれた瞬間から腰にあったのだ」


「・・・そうか」



カケルは分かっていた答えに簡単に返事をすると、その場に座り込んだ。



「少し話そう」



そう言うとカケルはこのリビングデッドの元になった人物。自分の師である坂下 翔について話を始めた。





「なるほど、通りで私が強く、お前も私と同じ力を持っている訳だ」


「ああ」


「だが、お前の話を聞くと私の元となった老人も、お前も別の世界から来たのだろう?何故、この老人は遥か昔に死体になり私になったのだ?」


「それはわからん。そもそも何故この世界に来てしまったの一切不明だ。だが、おそらく。俺とじじいではこちらに飛ばされた時代が違った。俺はこの世界のこの時代に飛ばされ、じじいはこの世界の今よりずっと昔の時代にとばされたんだ」


「ふむ、不思議な話だな」


「そういえば、これ・・・くっ付くか?」



カケルは切断された骨の腕をリビングデッドに、差し出した。骨の腕は上腕骨じょうわんこつの途中で切断されている。



「ふむ、くっ付くか、くっ付かないかと言われればくっ付くが。お前は私を殺すのではないのか?」


「ああ、殺さない。いや、殺せない。お前は中身が違うが、じじいの技術を持っている。殺すには惜しいってやつだ」


「なに・・・?それなら私はこれからどうすれば・・・」



そんな悩みに直面している動く死体に1つ提案を出す。この世界の魔物が統一して持っている欲求についてだ。



「そこで、だ。お前、誰かに使えたいとか思うか?」


「ふむ、思わなくはないな」


「そうか、なら俺の村で働かないか?」


「なに?村だと?」


「そうだ、今俺はこの世界でのんびり暮らす為に魔物達と一緒に村を作ってる所だ。その村で護衛ごえいか何かをしてくれると、助かる。最近、魔物を操る魔法があると、知ってな。俺がいない間が、すこし心配なんだ」


「なるほど・・・」



リビングデッド少し考えるがその答えはすぐに出た。



「その話、受けよう」


「そうか!」



こうしてリビングデッドは魔物の村に来ることになった。そうと決まればカケルはジャンルの小枝を地面に差し、ジャックを呼ぶ。

ジャックに村の場所を教えてもらったリビングデッドは早速向かうことにした。



「ところで、この刀は私が持っていていいのか?」



リビングデッドの腰には彼の刀がぶら下がっている。カケルは刀をリビングデッドに返したのだ。



「ああ、お前が持っていてくれ。その刀を一番上手く使えるのはお前だ」


「・・・そうか、なら遠慮なく使おう」



そうしてリビングデッドは自信の骨の腕をくわえて、魔物の村に向かって歩きだした。



「・・・あっ、まて!」



少し歩いた所で後ろから待ったが掛かる。

リビングデッドは動きを止め振り返った。



「む?どうした?」



声は骨の腕を咥えているのにも関わらず、普通だった。やはり発声器官が存在しないため、言葉は別の何処からか発せられているのだろう。



「いや、お前にもう1つ頼みがあってな」


「頼み?」



カケルが言う頼みというのは、体の一部の提供だった。そもそもここにカケルはハンターとして目の前のリビングデッドを討伐するという依頼を受けて来たのだ。カケルはいつものように虚偽きょぎの報告をするために魔物パーツが欲しいのだ。



「なるほど、そういうことなら持っていくといい」



リビングデッドは今は腕がないので、体を差し出し、カケルに取ってもらう。

カケルはリビングデッドのあばら骨を一本頂戴ちょうだいした。



「ぐおっ!」


「ん?どうした?痛かったか?」


「い、いや、痛くはなかったのだが、違和感があってな。少し驚いただけだ」


「そうか」


「では、行くとしよう」



リビングデッドは今度こそ、魔物の村に歩いて行った。カケルはリビングデッドの大きいあばら骨を持ち、アドルフォン王国に帰還した。





そして、アドルフォン王国に戻ったカケルは依頼が完了したことを報告。見事、無事に最速昇格記録を更新し、Sランクのハンターになったのであった。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます