20代最後の日

桃もちみいか

明日は誕生日

 俺はイマイチな人生を送るややおっさんだ。

 そういや、おっさんって何歳から?

 嫁なし。

 彼女なし。

 役職なしのしがないサラリーマンだ。



 今晩は、一人で行きつけの小さな焼き鳥屋で、10時半まで酒と焼き鳥を楽しんだ。




 俺の趣味はカクヨムのエッセイや詩や物語を読むこと。

 周りには内緒だけどな。


 実は俺は泣ける話が大好きだ。

 家族もの、恋愛もの、動物もの。

 昔から本を読むことは好きだったから、カクヨムにハマってる。


 始めはさ、俺は紙の本が好きだから、携帯電話で小説読んだりとか、出来るかな〜とか思ったわけよ。


 読み始めたらさ、止まんない。

 電車とバスの通勤時間で、次から次に読み漁った。





 俺はもう一軒ハシゴしようと思ったんだけど、なんか気になる本屋が駅の近くにあってさ。

 だってこんな時間に開いてるの、珍しくないか?


 バーのような外観に本屋と書かれた小さな看板。不思議な小さな本屋さん。



 もうすぐ俺は誕生日だ。


 寂しく一人酒するつもりだったが、本好きの俺としちゃあ寄らずにはいられない。



 店は普通の一軒屋の大きさで、木製のおしゃれな扉を開いたらカウンターがあった。


 本棚がズラリと並ぶ中に、酒の棚が一つだけあった。





「いらっしゃいませ」

「あの……本屋さんですよね?」

 ビシッとスーツを着た店員さんが、奥の方から現れて出迎えてくれた。

「ええ。そしてお酒を楽しみながら、読書も楽しんでいただけます」

「はあ」

「読まれるのは、本でも携帯電話やパソコンで読むWeb小説でも構いません。お酒を飲みながら物語に浸る至福の時間をお過ごしください」


 ちらりと見ただけでも分厚い洋書も扱ってるし、流行りものの本だけを置いている風ではなかった。


「席はお好きな席をどうぞ。

 ごゆっくり……。極上のひとときとなりますよう」

「ああっ…はい」


 俺はカウンターではなく、重厚な革のソファを選んで座り、小さな木製のテーブルに置かれたメニューを開いた。


 酒の他にメニューに記載はない。

 料理は出さない。

 本を汚さないようにということか?

 それとも酒の肴は素敵な物語だと言うことか。




 俺は明日が誕生日だ。

 少し高いグラスワインを頼んで、座り心地の良い一人掛けのソファに座り直した。

 ゆっくりと深く沈む。


 高そうな家具だなあ。

 よく見りゃ、ソファやテーブルやカウンターの椅子たち、飾られたグラスも、その筋に詳しくない俺にすら、それなりの高級な品であるように見えた。

 店主のこだわりがありそうな物だと感じさせていた。



 客は俺しかいなかった。





 俺は白ワインを片手に、携帯電話で読みかけのエッセイを読み始めた。







「ここ座っても良いかしら?」

 夢中になって、エッセイや詩や小説を次々と読んでいた俺は目の前に立つ女性に声を掛けられるまで、まったく気づいていなかった。

「ああ。どうぞ」

 他にも席はたくさん空いているのに、わざわざ俺の前に座る女性。


 この女性は、夜に人恋しくなって、誰かと会話をしたくなったのだろうか。



「赤ワイン下さい」



 背筋をピンと伸ばし、目の前の女性はおもむろに単行本をショルダーバッグから出して読み始めた。


 あれ? 俺と話したいのかと思ったから、少しバツが悪い気分だった。



 変に期待しちまったな。

 バカだな〜。俺は。


 俺はそんな一目惚れとかされる顔なんてしてねえって。

 恥ずかしくなった。


 チラッと目の前の女性を見たら、美人だった。

 年は同じぐらいか少し下か。

 緩めに巻いた長い髪が時々顔にかかるのを、左手でかきあげる仕草が色っぽい。


 俺は気になっていた物語の続きを読み終わったので、携帯電話を静かにテーブルに置いた。

 せっかくだから、本棚の本を見てみようと立ち上がりかけた。


 目の前の美女の、白く細い美しい指で持つ本が気になった。


 あれ?

 その単行本に見覚えがあった。

 くまのキャラクターのシールが表紙に一枚貼ってある。




「あの? その本は?」 

 美女に話しかけると、彼女はウフフッと笑った。

「気づいた? この本はあなたのよ」

「えっ?」


 美女がじっと俺を見る。


「20代最後の夜だね?」

「あっ!」

 俺は驚いて思わずテーブルに身を乗り出していた。




 目の前の美女は幼馴染おさななじみのしずかだった。







 俺が彼女に貸した単行本の、シールは妹が貼ったもの。


「私、この本をあなたから借りたままだったから」

「何年ぶりかな?」

「高校の卒業式以来だよね。 

 私、ずっと本をあなたに返したかったのに返せなかったから。

 どこかで…もしも会えたら返そうと思ってね、いつも持ってたの」

 しずかは笑ってワインを飲み干した。


「親父の仕事の都合でさ、急に転勤になったんだ」

「なんで言ってくれなかったの?」

 言えなかったんだよ。悲しくて。

 俺、お前のこと好きだったから。


「悪い。急だったからしばらく誰にも言わなかったんだ」

 これはホントだ。

 地元を離れるのが嫌だった。

 友達と離れるのも。

 なにより、しずか……お前と離れるのがたまらなく寂しかったんだ。


 別れを言えば泣いてしまいそうだった。

 男のくせに女のしずかの前で涙を流したくはなかったからさ。



「大人になって、こっちで就職したんだ。

 でも偶然だなあ。俺、この店に来たのは初めてだよ」

「私は三度目だよ。潤一のおかげで本好きになったから、本屋さんが気になっちゃって」


 なあ?

 結婚してんのか?

 彼とかさ、いるの?


 めちゃくちゃ聞きたいくせに、俺は勇気の出ない情けない奴です。

 しずかに肝心なことが聞けない。



 日付けが変わって、しずかが「おめでとう」と俺に言ってくれた。


 俺の誕生日をしずかが覚えててくれたのが、嬉しい。


「ありがとう。

 30(歳)になっちまったなあ。

 でもしずかといられて嬉しいや。

 お前の誕生日は来月だったよな?

『おめでとう』って言ってくれた今日のお礼も兼ねて……」

 俺はひと呼吸深く吸い込んだ。

 意を決してしずかに言ってみる。

「プレゼントをさあ…。

 なにかしずかに、あげたいんだけど」

「じゃあ私の誕生日には、ここで二人だけで一緒にお祝いしてくれる?」

 えっ? それってさ。

 祝う仲の男はいないってことか?



 俺は満面の笑みでしずかに答えた。



「もちろん。喜んで」

「潤一が誕生日にいてくれるのが、一番のプレゼントだよ」

 しずかはにっこりと少し照れたように笑っている。



 俺にとって、今日は最っ高の誕生日になった。




          おしまい♪

 

 




 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

20代最後の日 桃もちみいか @MOMOMOCHIHARE

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ