第9話 アクアリウムの世界

生まれた時は

まわりに

たくさん仲間いた


お店移るたび

少しづつ減った


ちっちゃな男の子に

つれ帰られ


ひとりになった


ぼくひとりでは

大きすぎて

なんだか

落ち着かない


アクアリウムの世界


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます