パンツ一枚の少女と変人伝統芸能職人

私の子供時代、近所にとある伝統芸能職人がいました。

その人、すごく変わっています。

前妻は、精神刑務所に入っていて、自分の子供を殺したらしいです。

知的におかしな前妻でした。


後妻が来たのですが、やはりちょっと変わっていて、子供たちも普通学級でよくやっていけるなぁという雰囲気でした。

職人の小学生の娘さんは穴のあいたパンツをはいてスカートをはかずに遊んでいました。穴が三つもあいていました。小学生だった私には衝撃な事件です。小学校の校庭で、上はTシャツで普通ですが、下半身が……。

パンツ一枚ですよ。


変人職人は、有名人でした。

自分の子供がいじめにあうと、鉄パイプを持って怒り、追いかけます。

小学生相手に鉄パイプですよ。

給食の残りがほしいので、鍋持参で小学校に行きます。

なぜか運動会では来賓席でビデオ撮影していました。

外でトイレをするのは当然みたいな感じで、いつも立小便をしていました。


うちは近所なので、花を折られたり、ごみを捨てられたり、

嫌がらせばかりされていました。

私の部屋に向かって大きな石を何回か投げつけ、2重サッシを突き破って窓が割れたことも。

警察沙汰になりましたが、警察も絶対あいつだけれど、波風立てないほうがいいということで、その人という証拠がないまま事件は闇の中でした。


その部屋から別な部屋に移ったのはタイミングがよかったので、

もし、その部屋に居たら、大けがとか大惨事になりかねなかったということです。運が良かったのかもしれません。


私が成人したあとは、安い居酒屋に飲みに行かないかと声をかけてきたり、

スーパーやコンビニで若い女性に声をかけていました。

歳は結構いっていると思われます。


最近はごみをあさっている姿を目撃しましたが、

近所ではないので、安らかな毎日となりました。

おそらく、今は離婚して、一人で変人ライフを送っているようです。

名物なご近所さんって結構いますよね?


次回はちょっとしたことでいつも大変な黒衣先生の話。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます