妹に近親相姦を持ちかける兄(叔父)の話

私の母方の叔父は、若い時から宗教が好きで、何個か入信したことがあるらしい。もう絶縁しているが、私が成人して少しするくらいまでは交流はあったように思います。


叔父にこどもが生まれた後も、ある宗教にはまっていたらしく、

当然子供も入信させられていました。

入りたくないと言っても、親には逆らえない。

こどもは無力である。

私は、親切心で親が子供に入信させるのは毒親なのではないか、と思っています。大人になって辞めるパターンもありますが、意外と大人になって親と共に活動する人もいると聞きます。特に女性は母親と共に活動する傾向があるようにも思います。


こどもの習い事より宗教活動。仕事より宗教活動=生活は厳しくなる。

家を買うことができない。宗教仲間で助けあう。

負のスパイラルに陥る、そんな印象があります。

ちなみに二人組で訪問して、勧誘に来るあの団体。

あれは月に何時間勧誘しなければいけないというノルマがあるらしく、

仕事をしている暇がないらしい。大変な話だ。

私には無理だ。


黒衣先生の母は違う団体に入っているが、学生時代に先生の友人を勧誘するように言って、だましてでも連れて行くことを推奨したらしいです。

「でかした!!」と言っていたらしい……。

正しい道に導くためには多少のウソも仕方のないことらしい。

黒衣先生は、罪悪感に苛まれ、勧誘した友達とも絶縁になり、その後活動を辞めることになり、いまだに申し訳なかったと思っているらしい。


そんな宗教熱心な叔父だが、若いころ私の母(妹)に兄と妹で肉体関係ってあってもいいと思わない? なんて持ち掛けてきたそうだ。

ライトノベルの世界ではありそうだが、そんな性欲願望がある男がいるとは……。


母は断ってそれっきりだったそうだが、今は色々あり、絶縁状態だ。

弟が生きていた時に、困ったときに協力を頼んでも応じてくれないということもあったのも原因だが……

母の実家の全財産を自分のものにするべく、企てていた叔父。

財産争い!! うちでは結構ある話です。

とんでもない宗教家だ。宗教やっているなら博愛精神を持て!!


宗教家の叔父はデキ婚だったようだが、子供達には男女二人で遊んではいけない、

カラオケや居酒屋などに行ってはいけない、という宗教観を押し付けているようです。叔父さん、若い時結構遊んでいたよね。その奥様も。


私のいとこも今はどうしているかもわからないが、宗教のおかげで普通の高校ではなく定時制に行かざるおえなかったという話も聞きました。

気の毒である。害を感じるお話でした。


次回ナルシスト毒親祖父再婚。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます