テレビ番組の取材依頼がブログに来た!!

これは、おととしのことだが、歳の差夫婦のブログを書いていた時のことだ。

ブログは一時期しか書いていなかったのだが、テレビ局の子会社の番組制作会社の人からメールが来たのだ。

それが書く楽しさのきっかけになった。

書くってすごい!! って思えたのだ。


「さまーずの神疑問」で、教師と結婚した教え子夫婦はどれくらいいるのか? という特集をするため取材依頼をしたいのですが――という内容だった。

もしかして、詐欺じゃないか? 

慎重にことを進めたのだが、やり取りしていくうちに、フジテレビの職員に窓口が変わった。その人とメールでやりとりをして―――

顔出しNG。夫婦で出演はNG。

ということを話したところ、再現ビデオを提案された。

ドラマみたいななれそめを俳優が演じるものだ。


顔出し出演すると5万円。

再現ビデオ3万円。

声だけ出演1万円。


黒衣先生は極度の恥ずかしがり屋で出演は絶対に無理なので、

私の電話の声だけ出演という話にまとまった。

30分以上? フジテレビの人と話して、ほんの数秒の声だけの出演だったが、

謝礼を振り込まれることに。

意外と振り込みは早く、

芸能人って少し出演したら巨額の収入なのだろうか? などと考えてしまった。

録音なので、さまーずとしゃべるわけではなく、スタッフさんと話すものだ。


「現役の教師だから、顔出しできません」という理由を言ってほしいということだった。結局番組の結論は―――


「結構結婚している教師と生徒はいるが、現役教師はおおやけにできない」

そんな感じの締めだった。

ちなみに、音声は変えられて放送されていた。


たしかに結婚している人は、結構いるらしい。

黒衣先生の同僚でも、かつていたと言っていたし、

私の母のいとこも私立女子高で教師と20歳になったときに結婚したと聞いた。

黒衣先生の両親も中学の教師と教え子だ。

番組でも結構いる、という調査結果にはなるわけだ。


実際、卒業後に再会というパターンも多いらしく、

在学中っていうのは意外と少ないようだ。

黒衣先生は、新任時代付き合ったことがあるらしい。

破天荒教師め。

なかなか取材に応じる夫婦はいないが、

1組だけ取材に応じてくれたとのことだ!!


それは女教師と中学の教え子で60歳すぎた現役ではないご夫婦だ。

しかも、離婚して子供を連れて教え子と再婚したツワモノだった。

この夫婦、結構テレビ出演しているらしく、歳の差を感じない穏やかな老夫婦といった風貌だった。

人は見かけでは、人生の歩みはわからないな……。

人生を考えさせられる神疑問だった。


次回、元彼女が下の部屋に住んでいた件。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます