【最終話】なあ……カレン 恭介の気持ち

 俺たちは禁断の愛の中で、面白おかしく毎日が過ぎていくよな。


 俺たちの周りには変態と分類されそうな変人が沢山いて――


 でも、普通の人がふとした時に、変人になったりして……


 個性と個性がぶつかり合ってこの世界は形成されているんだと思う。


 人生って面白いよな。常に表裏一体だ。


 カレンのことはずっと大事にするし、ずっとそばにいてほしいんだ。

 だから、結婚しても、子供が生まれても――

 歳を取っておじいさんになっても一緒に居たいと思っている。


 たとえ、どんな大喧嘩をしても、誘惑がたくさんあっても。

 たくさんの試練が、これからもずっとあるだろう。

 それでも、何があってもブレない。

 この気持ちだけはブレないつもりだ。


 カレンが病気になっても俺は一生守るつもりだ。

 だから―――ずっと一緒に居よう。


 俺たちは今日も馬鹿なことをして、なんとなく毎日が過ぎるんだけれど――

 きっとその先―――

 隣にいるのはカレンだから。


 さて、とりあえずこの作品は終わりにしようか?

 作者はもっと書きたいみたいだけれど、長編は読み手が大変だからな。

 また会えるかって?

 どうかな? 第一部の反響次第じゃねーの?

 作者の気分次第とかさ。

 スピンオフでこの人の話見たいってのも受け付けてるらしいぞ。


 知ってたか? 

 この作者、教師と結婚した元教え子らしいぞ。

 じゃあカレンは作者なのか?

 そんなわけないだろ。

 美少女ってあたりが違うだろ。

 あと変態ってところも違うから。

 じゃあ恭介は作者の夫なのか?

 そんなわけないだろ。

 作者の願望が作り出した代物だよ。



 ―――とりあえずこの辺で、完結しとくか。



 <あとがき>

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

 この作品は、食べるよりも寝るよりも、書くことって面白い!! とカクヨムに夢中になるきっかけになった作品です。

 たくさんのフォロワー様に支えられてこの作品を書き上げることができました。

 フォロワー様のアドバイスのおかげで、PVが劇的に増えたこともありました。今時点、3万pv越えって正直ビックリです。

 初連載でインパクトのあるものと思い、勢いだけでこの作品が出来上がりました。

 初の長編となりましたが、短編のお話がちりばめられていてたくさんのラブコメの詰め合わせセットになりました。

「【実話】教師×元生徒が結婚したのだが」というエッセイを新連載しました。よかったら、読んでくださいね。

 ラブコメを新連載するときは、また、よろしくお願いします!











  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

ヤンデレ美少女×元ヤン教師 一緒に住むことになったのだが 響 ぴあの @hibikipiano

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画