矢茶君と巨乳女子大生家庭教師

イケメン4の最後のメンバー、

矢茶君は基本ヤンチャだ。

しかしながら父親は警視庁に勤めるお堅い性格である。

そんな彼だったが、今、一番の楽しみは家庭教師との二人っきりの時間だ。


勉強嫌いなので成績はあまり芳しくなく、仕方なく家庭教師をつけられることになったのだ。

しかし矢茶君、勉強などしたくない。

そこで勉強するための条件を出したのだ。


「美人な女子大生じゃなかったら、勉強しないから」


矢茶君の美人基準は高いものだったし、そう言って断ろうと思ったのだ。

勉強などしたくなかったというのが一番の理由だ。


両親は仕方なく美人で成績優秀な女子大生を探したのだ。

そして家庭教師センターから派遣された美女が、みのりさんだった。


彼女は美人でスタイルがいい。肩くらいのストレートの黒髪だがいつも香水とシャンプーと石鹸の混ざったにおいがしていた。

家庭教師のいい点はすごく近い場所に2時間、2人きりでいられることだ。


週3回の二人きりの時間は彼の一番の楽しみになった。

肩と肩がふれあったり、スカートから時々見える太ももが年上女性の色気を感じた。

顔が近い……。

ヤンチャな少年で恋人がいた時期もあったが年上女性に恋したことははじめてだった。


「彼氏いないんすか?」大事なところを聞いてみる。


「いないよー。うちの大学は、大学名だけで女子はもてないから」


日本一難関大学に在籍する美女は優しいおねえさんだ。


「男子たくさんいるんですよね?」


「同じ大学の女は女子としてみてもらえないんだよね」


「こんなに美人なのにもったいないなぁ」


「うまいのね、矢茶くんって」


「俺、男子校だし、出会いとかないし」


「もてそうだから、大丈夫でしょ」


「俺、チョー面食いなんすよね。理想の女性ってそうそういないから」


「外見で女を判断しているうちは、まだまだ子供ね」


「子供じゃないし」


「ちゃんと中身を見ないと。あとで自分にしっぺ返しがくるんだから」


さすが、みのりおねーさま。年上だけはある。


「好きな人もいないんすか?」


「特にいないけど……。私、研究で忙しいのよ。家庭教師のバイトもあるし」


みのりさんの白いブラウスから透ける下着に釘づけな矢茶。

胸の谷間が見えてちょっと 恥ずかしくなってしまった。

みのりさんは近くで見ると意外と胸が大きく形もいい。

きっと柔らかいだろう。


「触ってみたい?」

美人女子大生が誘惑する。


「ちょっと……触ってみたいなぁ」


「じゃあ今度のテストで10位以内に入ったら触らせてあげる。1位をとったら、胸に顔をうずめる権利を与えるわよ」

女子大生の大胆な提案に、矢茶は興奮した。


煩悩だらけの矢茶だったが、成績が上がらなければ家庭教師交代という条件がある以上、真面目に勉強に打ち込むのだった。

そのうえ、素敵な巨乳が引き換えとなっては、本気で勉強するしかないだろう!!


片思いは実に勉強の原動力として一番のパワーを持っていたりする。

週3回――この人の顔を見たいから。








  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます