女装女子目線(あかり視点)

ほんとうにきれいだなぁ。

八王子って王子ってあだ名だけはあるなぁ。

私よりずっときれい。

ちょっとうらやましいし、憧れるなぁ。


大きな瞳に、高身長。

顔立ちは端正で、本当の女性より美しい。

唇の厚さも色っぽさがある。

私にはないものばかり……この人は持っている。



ちょっと女として私の劣っているところが多すぎて嫉妬する。

足も細いし……ウエストも細い。私のほうが寸胴だ。


手が触れた。

ドキッとする。

女同士として歩いているのに、男だと知っていると変に意識している自分が恥ずかしい。


あまり男の人と歩いたことがないからだ。

意識していることを悟られないようにしないと。

速度を速めてあるいてみる。


「ちょっと待て―――」

八王子が後ろから追いかけて来る。


実は、ある意味私にとっては初デートだ。

表向きは女同士だから、デートじゃないけど―――

私にとってはデートなのだ。


筋肉がほどよくついた腕に絡みつきたい……。

なんて不埒なことを考えているの? 私の馬鹿馬鹿。


私の飲んだペットボトルを取って勝手に飲んでるし。

これって間接キスじゃん。

ファーストキスをあっさりと。

こいつはきっと慣れているに違いない。

こっちは、間接キスくらいでドキドキしているのに。


――きっとモテるんだろうな。


「彼女いないの?」


「いないよ」


意外。この人モテそうなのに。

派手なイメージがあるけれど、私と休日女装しているあたり、意外と地味な人なのかな?


「女装ってやっぱり趣味なの?」


あれ? ちょっと焦ってる?

八王子の顔が赤い。ギャル風のメイクとファッションが似合っているなぁ。

華やかな男だ。


「今日はお前に付き合ってやっただけだって!!」


「私が男だったら、八王子が女だったら惚れてるなぁ」


あれ……? 八王子動揺している?


「女だったらって男としては魅力ないみたいなこというなよ」


目線をそらしながら会話をする八王子は新鮮だ。


「男としても魅力がないとは言ってないから」


「―――あったりまえだろ」


なんだこの距離感。こんな感じで私たちの一日は過ぎていったのだ。


「また来週末ここで待ち合わせしよう」


約束をして八王子の家で、私はメイクを落として着替えて帰宅することに。


「結構、おまえメイクするとかわいいな」


八王子が珍しく褒めてくれた。うれしい―――。なんだ? この気持ちは?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます