女装男子目線(王子様視点)

なんだ……こいつメイクすると意外とかわいいじゃないか。

顔立ちは悪くないんだな。

男っぽいから女としてみたこともなかったが―――

意外と女としてはいい線いっているな。


いけない、いけない

俺は、もう恋なんてしない――と決意したのではないか。

強い男になってからで、恋愛はいいと思う。

黙っていても、女なんて寄ってくるしな。

焦ることはない……。

しかしこいつ普通にしていると女子としてのレベルがかなり高いじゃないか。

今までこんな風に思ったこともなかったな。


ショートカットガールはかつらのおかげで

ロングヘアーのお嬢様風になっていた。

変身したのだ。

メイクは魔法なのかもしれない。


履きなれないハイヒールで、かつかつ音を立てて歩く。

あかりさんはとてもかっこよくて美しい……。


俺、惚れっぽいよな。

この前まで、カレンちゃんのことで頭がいっぱいだったのに。

今まで一度たりとも意識したことのない女に魅力を感じるとは。


彼女の手を握ってみたい。

さりげなく―――


百戦練磨の俺なんだから大丈夫だ。と言い聞かせてみた。


手が触れた。

相手が「ごめん」という。


いや、そこは謝らなくていいのに。

そのまま手つなぎを――と思ったら、彼女の歩幅が速くなりタイミングを逃す。

今まであまり恋愛に苦労をしたことがなかったのだが

今回ばかりは前途多難だ。


女装同士だしな……

傍から見たら女同士だろ。

なんだこのデコボココンビは―――。


百合願望なんてないのだがな―――。



あかりの飲んだペットボトルを取って勝手に飲んでみる。

そこに飲み物があったから、喉が渇いていたからだったのだが――

よく考えたら、これって間接キスじゃん。


あかりが聞いてきた。「彼女いないの?」


俺は答えた。「いないよ」


「女装ってやっぱり趣味なの?」


あれ? 俺の趣味、気づかれている?

ギャル風のメイクとファッションが照れ隠しのになっているだろうか。


「今日はお前に付き合ってやっただけだって!!」


「私が男だったら、八王子が女だったら惚れてるなぁ」


あれ……? 告られている? 違う違う女だったら――じゃないか。

俺、落ち着くんだ。


「女だったらって男としては魅力ないみたいなこというなよ」


目線をそらしながら会話をする。


「男としても魅力がないとは言ってないから」


「―――あったりまえだろ」


なんだこの距離感。こんな感じで俺たちの一日は過ぎていったのだ。


「また 来週末ここで待ち合わせしよう」


約束をして俺の家で、あかりさんはメイクを落として着替えて帰宅することに。


「結構、メイクするとかわいいな」


しまった!! いつもの王子癖で褒めてしまった。恥ずかしいな。

なんだ? この気持ちは?














  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます