王子様女装に走る

イケ4リーダーの八王子 瞬こと、王子様はイケメンであり女子人気が高い。

モテて当たり前という環境で生きてきた。

欲しいものは何でも手に入る。そのような環境だった。


ところが……王子様は恭介先生とタイマンのケンカで負けたときにはじめて人生の敗北を知ったのだ。

初失恋も経験した。

最初は遊びのつもりだったのだが、徐々にカレンを結構本気で好きになったのだ……。

しかし、フラれた。

カレンは元ヤンキー教師を選んだ。

それ以来、俺はあの先生を崇めるようになった。

俺がもっていないものを彼は持っている。

ケンカの強さ。男としての強さ。

そして……美少女カレンの心も彼は簡単に手に入れている。

最強の男だ。


俺はあの人に近づきたくて毎日、筋トレに励み、柔道や空手もはじめた。

とにかく強くなりたいのだ。

あの先生みたいに……。


ある時、ずっと興味があったことをしてみた。

それは女装だ。

別に男であることに疑問はないのだが、可愛らしい格好をしてみたい―――

そんな願望が心の底にあった。しかし、なかなか女装をする機会もないし女性ものの洋服を一人で買うことはためらってしまい実行に移せなかった。


しかし、ようやく昨日購入したのだ。

かわいいワンピースとかつらとメイク道具を!!

きれいになりたい系男子なのだ。

別に女装はその手段というだけで男を捨てるつもりはない。


そうそう知り合いには会わないよな……ちょっとドキドキしながら街を歩く。

元がいいからメイクをするとその辺の女子より女の子らしい顔立ちになった。

背が高いのでモデルみたいなかわいい女子というポジションを確保した。

自分でそう思っているだけだが……実際、知らない男が声をかけてくる。

結構僕ってもてるんだな。失いかけていた自信を取り戻しつつあった。


恭介先生にあって僕にないものがたくさんあるようで……強くなりたいという願望ばかりが先行していた。

少し焦っていたのかもしれない。


「よかったら俺とデートしない?」


知らない男が近寄ってきた。


「ちょっと何してるのよ、リクト」


後ろから彼女らしき女が男に対して怒っている。


この男、デート中にナンパか?


「だってこの子、ちょーかわいいじゃん。俺、タイプの子には声かけちゃうんだよね」


「私という彼女がいるでしょ? どーいうことなの?」


「かわいい子がいたら声かけるっていうのが俺の中の常識なんだって」


「私という彼女がいるのにどういうことよ?」


なんだ……このケンカップル、馬鹿丸出しだな……。


とりあえず無視して歩くことにした。


「あれ? 八王子でしょ? なに女装してるの?」


―――まずいこの女は柔道の先生の娘で男勝りの、あかりじゃないか。

知らないふりをしよう。


私は別人デースというような表情をする。誰? あなた? みたいな感じだ。


「あなた誰? 八王子ってだれかしらね?」


女であることを強調する。


「やっぱり、声が八王子じゃん」


なんて敏感な女なのだ。声は変えたはずなのに……。

あかりは柔道をやっていて、さばさばテキパキのスポーツウーマンだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます