癒し系伊谷志くんとSMのススメ?

癒し系キャラの伊谷志くんの実家は病院を経営している。

イケメン4のメンバーの中では比較的自己主張が控えめで

穏やかな性格だ。悪目立ちしないタイプなのだ。


彼はいつのまにか、イケ4に入ってしまったのだ。

特に入りたいわけではなかった。

断りきれずに入ってしまっただけなのだ。

イケ4リーダーの八王子こと王子様キャラは、サイコパス要素を持ち合わせていたし、自己主張が強いので最初は苦手だと思っていた。


さわやか系の沢屋くんはどちらかというとさっぱりした体育会系だったので、そんなに合うとも思えなかった。

何より女性の好みが全く合わないとしか思えなかった。

(沢屋くんはブス専門)


矢茶くんはヤンチャキャラだ。時々無茶をするので、

癒しを好む伊谷志くんには刺激の強い友達という印象だった。


伊谷志くんの日常のほっとする時間。

それは図書館で一人で本を読む時間だ。

本当はあの先生に弟子入りするより体を鍛えるより、読書が好きだ。

ただみんなに合わせている、そんな感じだった。


元々書店も好きなのだが、座って読めるという点で図書館の静けさはほっとする空間であった。


そんな毎日の中で、よくみかける図書館常連の女性がいた。

以前、八王子主催の合コンに来ていた一人だった。


カレンの友達のエミリである。

彼女はおしゃれだが、物静かな女性で読書家だ。

図書室で勉強していることが多く何度か見かけた。

しかし、あまりあのとき以来だったので

話しかけるにも迷惑がられないか少々不安で声をかけずにいた。


一応あの時話したし、顔見知りともいえない距離だし……。

あちらは覚えているだろうか?

気軽に話しかけられずにいた。


小動物のような精神の伊屋志くんなので、彼の行動は慎重だ。


いつも彼女を遠目に見える距離に座る。そして本を読む。

そんなことが1か月くらい続いたある日、図書館の入り口で一緒になったのだ。


はじめて僕の存在にエミリさんは気づいて――


「あれ、もしかして、イケメン4の……」


「伊谷志です」


「ひさしぶり」


図書館の中で話すのは周囲の迷惑になるので、ロビーのベンチで話そう――

そんな雰囲気になった。


「今日は勉強しに来たの?」


「えぇ、伊谷志くんは?」


「僕はこの空間が好きだから、いつも読書をしにきてるんだ」


「イケメン4の人ってもっと派手な遊び方しているんだと思ってた。意外……」


「僕以外は図書館には来ないけど。基本真面目な人たちだよ」


「遊んでいるイメージだったけど……イメージって怖いね」


「エミリさんは童話シリーズが好きなの?」


「え? なんでそれを?」


「毎日通ってるから、偶然見たんだけど……」


「声かけてくれればよかったのに」


「――僕のことなんて覚えていないと思って声かけづらくて」


「なんか、思っていた人と違うね」


エミリはくすっと笑った。イケメン4なんて、普通の女の子には手の届かない存在だと思っていたからだ。


「童話読んでいるなんて、この歳で珍しいからちょっと恥ずかしくて……」


「僕はイケ4にはなんとなく入っただけで……王子たちとはタイプ違うから。実はあの童話のシリーズ、全巻揃えていて好きなんだよね。大人の心にも響くあのストーリーが好きでさ」


地味キャラで素朴な伊谷志君の笑顔に癒されるエミリだった。



その時、エミリのバッグの中にあった本が見えたのだ。


「SMのすすめ?」


つい驚いて声に出てしまった。

慌ててバッグのファスナーをしめるエミリ。


何? そのタイトルの本……?








  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます