純情ラブストーリー【リクト×りか】

リクトは恭介の従兄弟で隣町に住む高校二年生。りかはリクトの幼なじみで最近ようやく両思いになったのだが……。


リクトは女好きで りか以外には優しい。

りかはいつものことだからリクトの冷たい態度を 気にはしていないが、

りか自身の自己肯定感は低い。


りかは結構かわいいのだが、リクトがりかへ思いを寄せる男性からの告白を邪魔してきたせいで―――りかがモテた試しがない。


今までずっとリクトが邪魔をしていたことに、りかは気づいていない。

リクトはストーカーか? 

リクト自身はかなり遊びまくっているのだが……。

自己中心的にもほどがある。

天罰が下るぞ?


そんなリクトが年貢の納め時とばかりにりかと付き合うことになった。

ずっと本命だった幼馴染のりかだ。


「私たち 付き合っているんだよね?」


りかは自信がないらしく リクトに確認する。


「まぁ 付き合っているのかもな」


りかには優しくないリクト。

大好きなのに 優しくできない ← ツンデレか。


待て、付き合うならば――りかとキスもするんだよな?


他の女とは 百戦錬磨のリクトだが

りかとはキスすらできずにいた。

無理だろ キスなんて! 想像しただけで赤面する。


リカの体を触るなんて到底無理だ。


りかに自分の体を触らせることを想像しただけで、絶対に無理だと確信していた。

変にうぶなリクト。 ← なんだこの遊び人は。


「どうしたの? リクト? 鼻血でてるよ?」


りかがリクトの顔を覗き込む。


ちょっと想像しただけで赤面まっしぐらだ。

鼻血が出るなんて 恥ずかしいにもほどがある。


「鼻血?マジかよ……」


「ほら、ティッシュで鼻押さえる!!」


りかがお母さんのごとく顔を近づけて鼻を抑えた。


顔が近い。

そのまま鼻血が止まらず、ぶったおれるリクトだった。


俺には少々刺激が強すぎるようだ……。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます