体操のおにいさんと幼稚園児

そうだ、すっかり忘れていたが、近所に母方のいとこが引っ越してきて、下の子を出産する関係でしばらく幼稚園児の『ほのか』を預かってほしいと言われていたんだ。


二人きりのイチャイチャな夏休みは当分お預けということで――


「おひさしぶり、恭介君」


「おひさしぶりです。もうすぐ出産ですね」


いとこの出産間近のお腹ははちきれそうに大きくなっていた。


「今日から10日ほど入院するから、昼間よろしくね。夜は夫が帰ってくるから。幼稚園にも預かりの申請しているんだけど、まだ引っ越してきたばかりで間に合わなくて」


「ちわー。ほのか6歳だよ。ねんちょーさんだお。よろしくね」


肩くらいの髪の毛を二つに結んだ少女は、舌足らずのかわいい女の子だった。

Tシャツにキュロットという動きやすいいでたちにリボンで結んだ髪の毛は

汚れた大人から見たら、純粋で汚れのない済んだ瞳をしていた。


とりあえずテレビをつけてみた。幼児向け番組をやっている時間だろう。


「ほのかこのテレビすきー。たいそうのおにーさん、おもしろいのー」


普段このような番組は観ないので誰が体操のおにいさんなのかも知らないが。


「ユーキじゃないか……」


唖然とした。そこに映っていたのは 中学の時のヤンキー仲間のユーキだった。地元つながりの友達だったが、すっかり疎遠になっていたので、体操のお兄さんになっているとは、意外な事実だった。


あいつ顔だけは結構整っていて女子人気があったからな。

芸能人とか目指すっていってたし、スポーツ万能だったけれど。

まさかの教育的テレビの幼児番組に出演しているとは……出世したなぁ。

「おにーさんのともだちなの?」ほのかが聞いた。


「あぁここに映っているおにーさんは、中学のときに仲良かったぞ」


「ほのか会いたいよぉ。おにーさんのサインもらうの」


「ファンなのか?」


「大好きなんだ。わくわく体操たのしいよ」


わくわく体操……おもしれー。

久々にあいつに連絡して、いじり倒してやりてー。

爆笑必至だな。こりゃ、体操見ておかねーと。


俺はさっそく海道に連絡して、ユーキの連絡先を聞いた。

ユーキとは中学の卒業以来、連絡をずっと取っていなかった。

海道は同じ中学で高校も一緒だったのだが、まめな奴で同窓会幹事を引き受けてしまうようなやつだ。幅広く連絡先を網羅している。


その後、わくわく体操を見たのだが……。

これまた元つっぱりの男が踊っていると思うだけで爆笑してしまった。


昔を知っていると大爆笑だ。

うさぎがぴょんぴょん……

きつねがこんこん……。

俺はお腹をかかえて笑ってしまった。


その踊りのポーズも、つぼにはまった。

俺が大爆笑しているとほのかが 


「何笑ってるの? 一緒に踊ったほうがもっとたのしーよ」


「じゃあ、今から会いに行くか?」ほのかの瞳が輝いた。


実は同じ町内会という距離に体操のユーキおにいさんは住んでいる。

先程海道からユーキが今も実家暮らしという情報を聞き、直接散歩がてら行ってみることにした。

外出はカレンと一緒には歩かないようにしている。

禁断の愛だからな。ほのかと二人でユーキのうちに行ってみることにした。


あいつのスマホにとりあえず電話してみるか……。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます