ストーカーですか? 見守りです

ストーカーなんて俺の性には合わないが、仕方ない。

りかが告白の返事をする場面を見守るぞ。

そしてうまくいきそうになったら、邪魔をするという作戦だ。


もちろん、そのままデートに行くとしても邪魔しまくってやる。


本当に性格がかなり曲がっている男リクトなのだった。

あの超鈍感女が俺のことを恋愛対象としてみていないことが、

そもそも問題で……屁理屈を並べる面倒な男だ。


朝から張っていたいた甲斐があった。

よし、いまから山田と会うのか。うまく阻止しないとな。

なんで俺、あの女のためにそんなに必死なんだろ……。


学校の近くの公園で待ち合わせとは良い度胸してやがる。

誰の許可もらって待ち合わせなんてしてるんだ。


リクトの天邪鬼あまのじゃくもいいところだ。


「待った?」


山田の奴、時間よりだいぶ早く来てやがるな……。

木の陰に隠れて見ているリクトは、りかのことが気になって仕方ないのだった。


「この前の返事だけど……」


いきなり、りかの奴、核心にせまるんだな。


「つきあってもいいよ」


が―――――――――ん………………!!!


リクトの中に衝撃が走る。

このままでは、あのがり勉とりかが恋人同士になるなんて……。


「あれ? 二人ともこんなところで何やってるんだ?」


「リクト?」


あくまでも、さりげなーく登場する。


「偶然だな。買い物がてら、歩いていたらこんなところで会うとはな」


しらじらしいか? ばれていないよな?



そうだ! 昨日俺に恭介が言ったあのセリフを言えば、絶対イチコロだ!

ナイスアイディア!!

俺はひらめいた。


「りかは俺に惚れているんだ。お前ごときで満足するはずがないだろ?」


リクトのドSモードが入る。鬼だ。


「そうだよな? りか……俺のことが大好きなんだよな?」


目が笑っていないが、口元だけ笑いながら、りかに問いただすリクト。


「はぁ? 何言ってるの? 好きじゃないよ」


ここでこのセリフ言われるとめちゃくちゃかっこ悪いんですけど。

山田の前でフラれるなんて、ありえないだろ。

勝者は山田か?



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます