幼馴染の不器用な恋の話

駅まで、リクトとりかは歩いて帰っていた。


「おまえに告ったの誰だ?」


「同じクラスの委員長の山田くん」


「あのガリベンタイプの眼鏡男子か」


「委員長同士、お似合いかもな」


「そうだよね。やっぱりOKしようかな」


「マジかよ」


「マジだよ」


「……山田と付き合うなら、俺のほうがよくないか?」


「何? その俺のほうがいい男だっていう自慢」


「あなたがモテるのはわかっているけど……別に私たちの間に恋とか愛なんてないでしょ」


「ないのか?」


「全然ないよ」


「……そうだよな」


少し、リクトは黙ってしまった。


いつもの女子上げトークが得意なリクト。

りかに対してはデレたトークはできないのだ。

唯一の弱点なのかもしれない。


かわいいね、とか美人だね、とか……

りかにだけは言ったことがない。

だから相手は嫌われていると思っているだろう。

小さいときは いじめていたこともあったしな。


そうしているうちに電車に乗って二人は並んで座った。


「山田と付き合ったら今までみたいに並んで歩いたりは無理だよな」


「別に、リクトは男としてカウントしてないから大丈夫」


「山田が嫌がるんじゃないか?」


「大丈夫だよ。あんた彼女いるでしょ」


「今は、彼女いない」


「またすぐ別れるんだから。あんたはどう思う? 付き合ったほうがいいと思う?」


「……やめておけ、遊ばれるだけだぞ」


「山田君は良い人よ。あなたとは違うよ」


「男なんてみんな同じだ」


「そうかな?」


「まぁ、おまえに告白する男なんてそうそういないだろうし」


「そうだよね。やっぱり年齢イコール恋人がいない歴脱出のチャンスよね」 

りかは自己肯定感が低いらしい。納得している。

本当は結構かわいいほうだし、人気もあるはずなのだが。


実は俺が、りかに告白しようと思っている人がいたら、諦めるようにあの手この手を使って阻止していたのだが……。

委員長は表情が読めないし、打合せには顔出しはできないから不意打ちだった。あいつも絞めておけばよかった……後悔の嵐だ。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます