リクトの幼馴染 りかの初恋相手

それは突然だった。インターホンが鳴った。


「リクト君いますか?」


インターホン越しに聞こえる声。

誰だろう?


「りか……?」


玄関前に女子高生くらいの女子が立っていた。


「私、リクトの幼馴染の『りか』です。悪いことしていないか、おばさんに頼まれて様子を見に来ました。そろそろ帰ってきなっておばさんからの伝言です」


リクトの家は電車で1時間程度の距離なので日帰りでも帰宅できる。そこから幼馴染の少女はやってきたらしい。

見た目はかわいい女子高生で、少し気は強そうだった。


「お久しぶりです。恭介さん」


「あぁ、りかちゃんて小学生くらいの時に会ったことあったよな」


りかちゃんが少々照れているようだった。


「もしかしてリクト君の彼女ですか?」


「彼女ではないですけど、幼馴染の腐れ縁です」


「リクト君の言っていた元カノって……」(小声で耳打ちする)


リクトの顔が赤くなる。


「こいつとは、つきあったことなんてないし」(小声)


カレンはリクトの本命が彼女だということがすぐに分かった。

女癖は悪いけれど、本命がいるんだ。

本命のりかちゃんは恭介に惚れたということなのだろう。 

本命にはデレなしのリクト。


「おまえ暇人だな。俺のバカンスを邪魔しに来たのか?」


カレンはそんな高校生らしい照れ隠しをするリクトがかわいいとも思えた。


「どうぞ、中で飲み物でも飲んで休んでいってください」


結局4人でのティータイムがスタートした。


「恭介さんは私の初恋なんです」


突然、りかちゃんが切り出す。


「会ったのって小学生だった頃だよな……俺が高校生くらいか」


高校生の先生……生で見たかったなぁ。カレンは妄想する。


「恭介さんは本当に優しくて。リクトが私をいじめたときにしっかり怒ってくれて……小学生ながら、恋に落ちました」


機嫌の悪そうなリクト。


「リクトは昔から私のこと嫌いみたいでいじめるんですよね。今は本当に次々新しい彼女ができてもすぐに別れて、長続きしないタイプみたいで」


「合わない女と無理して付き合う必要ないだろうが」


あれ? こうしたリクトの言動は先生そっくりだ。

りかちゃんの前ではリクトはいわゆるツンデレキャラなのだ。

彼女を取られたという話は、初恋の人を取られたという話なのだろう。








  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます