イケメンのいとこが滞在することになったのだが

今は夏休み。俺のいとこが泊まりに来るらしい。

それも一週間ほど。

いとこにはカレンのことを話してあるが、すごい楽しみにしていて長めに滞在するらしい。


いとこの名前は、林堂リクト。

高校2年生で、カレンと同じ歳だ。

親父の弟の子供で普段は少し離れた場所に住んでいるので会うのはたまにといったところだ。


リクトは俺と顔立ちが少し似ている。

高校時代の俺と雰囲気も似ている。

もし、俺の外見が好きならば、カレンが惚れてもおかしくはない。

歳も同じだし。


どちらかというとヤンチャなリクトが、ひと夏の危険な夏にならないように見守るのが俺の役目だ。

しかし、俺も両親も社会人で夏休みといえども仕事がある。

ということは……カレンと二人きりの時間ができるのだ。

カレンとリクトの二人だけの時間……。


そんな心配をよそに、ピンポーン、やってきた。

リクトと美少女の同居が短期間だが始まるのだ。


「はじめましてカレンちゃん、林堂リクトです」


「こちらこそ、野咲カレンです」


「こんなかわいい人がいるなんて、ラッキーだな」


「こちらこそ、よろしくおねがいします」


傍目でみると、初々しい高校生カップルのようで、お似合いだな。

俺が今、高校生だったら絶対カレンに手を出していただろう。

だからわかるんだ。リクトはカレンに手を出すと。

いとこのリクトは昔から女好きで、ノリの軽い男だ。


「おばさん、これお土産です」


「あら、おかあさんによろしく言っておいてね」


なんとも細かいところまで気の利く男だ。

そつがないのだ。

俺にはない芸当かもしれない。


「カレンちゃんは、彼氏いないの?」


早速リクトがカレンに聞き出す。


「校則で禁止されているから」


「恭介とは、どうなの?」


おいおい……ストレートに聞くな、リクトは。

ここは、関係を暴露するわけにいかないしな……。


「担任の先生でいつもお世話になってます」


「恭介、カレンちゃんがかわいいからって手を出すなよ」


「出さないって」俺は即座に否定する。


生意気盛りのガキだ。

家でも生徒指導しないといけないとは。

災難続きだな……。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます