元カノvsカレン

恋人未満の両思いの俺の生徒であり同居中のカレン。

俺が飲みすぎて、朝帰りしたせいでめっちゃ怒ってる。

どうする??

無視、睨みつける、謎のため息、鬼の形相……。

浮気はしてないけど、証明できないし、

元彼女の胸をさわったとしたら……それも浮気だよな……。


俺が困惑していると……スマホが鳴った。


「恭介、忘れ物、近いから届けに来たよ」


のどかではないか……。


「今どこ?」


「恭介の家の前だよ」


そうか、俺の家を知っているのか……同級生だし。

まて、来るな……カレンの火に油を注ぐことに……。


ピンポーン 


インターホンが鳴る。来るなと言おうとしたら――


「はーい」カレンが出てるし


俺は、この世の終わりかもしれない……


「どちら様ですか?」無愛想な声だ。


「木島と申します」


「ご用件は?」声が低いぞ、カレン。


「忘れ物を届けに来ました」


しかもカレンが出るというのか?

俺が対応するぞ、待て……。


「あなた、誰?」カレンらしいまっすぐな物言いだ。


「恭介君の同級生です」


「同窓会の……朝帰りのお相手ですか?」


「え……? まぁ……あなたこそどなた?」


「同居している、恋人になる予定の女ですが」


カレン怖い……。


「せっかくだから、お話聞きたいので、おあがりください」


カレンの声は低く怒りに満ちている。


「うちの恭介に何か御用ですか?」


「実はこれ、忘れて行ったものだから」それは俺の時計だった。


「実は昨日、彼泊まっていったけど……眠っただけだから」


「泊まった??」カレンの怒りモード


「お酒の飲みすぎで眠っちゃって私の家へ運んだの。でも、彼は私に何もしなかったから。潔白よ」


「本当に?」


「本当だって」俺は 念を押す。


「この人は恋人になる予定なの?」


カレンのことを聞かれた。


「まぁ、そんなところかな」


正直に答える。


「じゃあ宣言してもいい? 私も恭介が好きだから彼女に立候補します」


なんでこうなる??



波乱の予感??




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます