美少女の使用済みパンツが落ちていた件

別れた状況で同居というのは、正直辛い。

気まずいにもほどがある。

俺は、一時停止のつもりだったのに 

あいつは……永遠に別れるつもりなのか?


それは、突然だった。

風呂に入ろうと洗面所に行くと、カレンの使用済みパンツが落ちていたのだ。パンツというのはズボンではなく、下着のパンティーのほうだ。

ここは洗面所で洗濯機に入れるときに、何かの拍子に落ちたのだろう。

俺はどうするべきだ?


①見て 見ぬふりをする ← つまり無視

②拾って 洗濯機に入れてあげる ← さりげない優しさ

③触ったり すりすりしたり においを嗅ぐ ← 変態か


俺は良心の呵責の中、どうしたらいいのか考え込んでしまった。


別れてから、逆にパンツ1枚、ブラジャー1枚に反応してしまう。

洗濯物として干してあったりしても 以前より視線の先は……

カレンの下着だったりする。


人間というものは、手に入らないもののほうが崇高で素敵なものに見えるのかもしれない。

もう俺のものではない、カレン。

別れようと言い出したのは、俺自身だ。

俺自身、これ以上何かやらかすような気がしたから、別れたのだ。

担任の生徒と俺の体が一体化したら――法律的にもアウトで……

社会的にも教育者的にもアウトで……


でも、こんな童貞で元ヤンの教師なんぞに好きだと言ってくれたカレンの気持ちがうれしくて……


パンツ一枚で何、感傷にひたってるんだよ、俺は。


俺は、つい、かわいい薄ピンクのパンツを拾って握り締める。


このパンツの持ち主が、俺に対して愛していてくれた事実がうれしくて……でも……今は、もう付き合っていなくて……。


なんだか……少し泣けてきた。涙腺もろくなってる。やばいな……。


使用済みだけあってぬくもりが残っているような感じがした。

それは、カレンの愛情とかそういう気持ちのような気がしていて……。


パンツを握り締めて、何泣いてるんだ……俺は。


俺は、そのパンツを少しの間鑑賞して、洗濯機に入れた。


うん。俺は間違っていない。道徳的には正しいことをしたんだ。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます