歯科医プレイは蜜の味?

最近、歯が痛む。

仕方のないことだが、大嫌いな歯科に行かなければならない……。

憂鬱だ……。


そーいえば大学時代の友人が言ってたっけ……。


「歯科って待ち時間長いし痛いし、最悪だけどさ。考え方次第で結構たのしめるぜ」


「楽しめる?? 歯科をどうやって?」


「まずはプレイと考えるんだよ」


「何の……プレイだよ」


「まず、歯科衛生士のおっぱいがかなりの確率で当たると思わないか? 胸が歯の掃除中、無意識にぶつかってくる経験、何回もあるぜ」


「たしかに……赤面したことあるわ」


「待ち時間は放置プレイ。エプロンをかけられるのは幼児プレイ。治療の痛みは、Mなら快感、だろ? 仕上げは、胸を押し付けられるプレイ」


「プラス思考もここまでくると……国宝級だな」


「マスクつけてると、3割増しに美男美女に見える法則もあるしな」


「たしかに、鼻と口がみえないとやたら美形にみえること、あるある」


「俺は、歯医者好きだぜ。美人女医が俺の顔に接近したドキドキとかさ。

普段ないだろ。あんなに異性と顔を近づけることなんて」


「美人歯科医がいるところ、探してみる」



俺はそんな淡い学生時代を思い出したのだった……。


「先生、早退するの?」


カレンが学校で話しかけてきた。


「ちょっと歯科医に行こうと思って」


「美人のいる歯科医院、狙ってるでしょ? いるんだよね~そーいう下心丸出しの男って」


「俺は、一晩何もしなかった男だぞ」(小声)


「くれぐれも衛生士さんの胸に顔をうずめないようにね」


おい!! カレンの奴め……!!


でも、胸を押し付けられた経験って結構、誰でもあるよな?

セクハラ、痴漢じゃないですが……。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます