風呂上がりの美少女

俺の家は広いが、風呂は一つしかない。

トイレは3つあるが……。

風呂の時間は決めていて、かぶらないようにはしているが

同居している美少女は気まぐれで、予想しない時間に風呂に入っている。


俺は大人だから、別に女子高生の裸などなんとも思わない。

一応、彼女がいたこともあるし分別はついているつもりだ。

俺の両親もいるわけで、何かあるわけでもない。

むしろ俺は保護者だ。

今日は早めに入浴したらしく、濡れた髪が美しい。

あくまで客観的に見て美しいと思っただけだ。


「お風呂、きもちよかったよ。一緒に入ろうか?」


「あのな、そーいう冗談はやめろ」


「結構本気だったのに。ざんねーん」


この娘はいつも俺をからかう。

大人だと思っていないのか?

むしろ男だと思っていないのか?


風呂上がりの彼女はノーブラだ。

警戒してないな。

Tシャツ一枚に短パン姿。

ちょっとくつろぎすぎだろ。


「ノーブラだから、見ないでね」


彼女はあっさり微笑む。

いつもいたずらな微笑みの中で……俺を揺さぶる。


風呂上がりに水を飲む。

唇の艶が潤いが大人になる途中の色気を醸し出す。


俺は大人だから、カレンに対して何か感じるとか……ないけどな。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます