指導してくれている護衛達は俺の動きを見て驚く


周りで見ていた 王も 兵士達も


驚きの声を


酷すぎると 才能がないのかと


えっ えっ


・・・


英雄として召喚された人のステータスはこの世界の人より高いのだそうが


俺のステータスは低かった


魔法も特殊能力もなし


レベルが上がれば覚えるのだと聞いていたが


・・・


魔物と戦い レベル上げを 


俺の護衛達は


何度もため息を


レベルが上がるごとに


大きなため息を


・・・





俺のステータスは普通だそうだ


この世界の住人と同じくらいなのだと


それなのに


未だに1つも魔法も特殊スキルを覚えられないなんて


はぁ~ ため息しか出て来ないよ


すずのことを聞くと 凄いらしい


次々に魔法を覚えているのだと


攻撃魔法も 回復魔法も 更に特殊スキルも次々に


はぁ~


・・・




誰もが俺のことを諦めかけていた時


俺はついに魔法を覚えた


その魔法は


え~っと 読めないけど 何て書いてあるんだろう


魔法の名前が読めなかった


覚えた魔法はステータス画面で見ることが出来るが


本人にしか見ることが出来ない


俺が読めないので 他の人には分からない


俺が覚えたと言うと 名前が読めないと言うと


護衛達は疑いの目で俺を


護衛達は俺のレベルを30まで上げるように国王から言われていた


俺のレベルは30 そして ようやく魔法を


護衛の1人が「では 使ってみてください」っと


俺は魔物に魔法を使うことにした


う~ん 攻撃魔法なのかな


俺が覚えた魔法を選ぶと


魔物は光に包まれ 消えた


護衛達は驚きの声を


「消滅した 天使の光なのか」っと


え~っと凄いのかな


護衛達の顔がいつもと違っていた


いつもは暗い顔の護衛達が明るい顔に


すぐに国王様に報告しましょうっと喜んで走っていった


明らかに期待されていなかった俺が 諦めかけられていた俺が ついに 魔法を


ふぅ~ よかった さすがに申し訳なかったからね


英雄の護衛になれたことを最初は誇らしそうにしていたけど


最近は彼らの評価まで下がっていたからね





俺の魔法を見た護衛達が俺の魔法を天使の光だと報告していた


国王は喜び 宴を開いてくれた

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます