15



「この依頼を受けて欲しいとお願いされたんだけど」


「う~ん ダメだね 倒せると思うけど危険だよ」


「ふっふっ そうね じゃあ 予定通り こっちにしましょうか」


・・・


王に直接お願いされた時のために


1年先まで討伐依頼を入れている


月に2回の討伐依頼を無理やり入れて 何かあったら大問題になるだろう


確実に倒せるなら 悩んでいる振りをした後に受けるようにしている


王はすずに強く言えない


なぜなら すずは1人で戦っているのだから


過去の英雄達は沢山の仲間と共に 沢山の犠牲を払いながら街を奪還していた


すずは1人で戦っていると思われているのだから


それも 足手まといの最低評価の槍使いの面倒まで見ているのだから


・・・






「すず 準備出来た」


「ええ いいわよ」


「3 2 1」


{俺はすずを抱えて走る


{街の中に 魔物の中心に


{ここだな


ふぅ~


「我が敵に突き刺され 千本柱」


土が無数の槍のように盛り上がり 魔物を串刺しに


{俺はすずを抱えて走って街の外に


{討伐隊から見えない場所に


ふぅ~


「すず 準備が出来たら 言ってね」


「うん ありがとう」


すずは呼吸を整える


・・・


「いいわよ」


「3 2 1」


{俺は 再び すずを抱えて街の中に


{魔物の中心に


{すずが消えて 戸惑っている魔物の中心に


ふぅ~


「我が敵に突き刺され 千本柱」


再び 弱点の土魔法を放つ


そして 500匹以上いた魔物の群れが倒れると


「出番よ あつし」


{俺は色付きの魔物に近づき


{「やあっ」


{更に「やあっ」


{更に「やあっ」と魔物のコアを破壊


そして 声を出すために


「やあっ」


っと 一突き





討伐隊のメンバー達は すずを称える


「すず様 これで36の街を解放です ありがとうございます」






疾風の賢者


その名は


転生者 すず


各国の魔物に奪われた街を解放する伝説の英雄






「ふっふっ またの名を 兎ハンター すずと呼ぶ」


「それは 俺の異名だよ」


「ふっふっふっ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます