エピローグ―その命尽きるまで―


 ライの師匠、アスラン・アルデバランがこの世を去って――否、俺が殺してから、一週間がたった。

 彼の葬儀や仕事の引継ぎ等、家族の居なかったアスランの死後の処理は全てライが担当した。

 慌ただしく過ぎたその日々が落ち付いた今日、師匠の墓にライは一人で訪れていた。


「――。」


 簡素で無駄のない、師匠らしいその墓の前にしゃがみ込み、無言でそれを見つめ続ける。


「――師匠、こんな形で貴方に置いていかれるとは思っていませんでした」


 ライの記憶は、俺が操作して『アスランは、ライが発見した時には既に致命傷だった』という記憶にすり替えてある。

 我ながら残酷なことをしたと思うが、これも全てライの為だと信じている。


「貴方にとって、僕はなんだったのでしょうか? ちゃんといい弟子で居られていましたか、誇らしい弟子でいましたか?」


 胸の内にある心残りをつらつらと口に出すライ。

 だが、無論その問に答えるモノはここにはいない。


「僕は、父を物心つく前に亡くしているので、その顔を知りません。――だから、勝手に貴方を父のように思っていました」


 そう言うライの声は、いつしか震えていた。

 震えるライの肩に、ぽつりと雨粒が落ちる――夕立だ。

 途端に振り出した雨にも関わらず、ライはそこでじっとしていた。

 ――どれくらい、そうしていたのだろうか。

 ふと、ライの身体にふる雨粒が、遮られた。

 ライが見上げるとそこには、傘を差し出す人影があった。


「風邪ひくぞ、ライ」


 そこに現れたのは、意外な人物だった。


「――アルフォンソ、さん」


 そこにいたのは、粛清騎士序列第3位アルフォンソ・グラットストーンだった。


「アスランのおっさんの件は、まぁ残念だったな。だがまぁ、この仕事は殉職率が高い。こうやって見送る側になることだって多いさ」


「はい、そうですね。それはわかっていたつもりでした」


「だがな、ソレに慣れろっとは言わないさ。俺たちは人間だ、悲しい時に悲しむのはその特権だ。手放しちゃいけない」


 そういって、ふっと彼は嘆息する。


「そもそも、家族が死んでも悲しまない奴は俺は信用できないな」


「――家族、ですか」


 どこか心ここにあらずで答えるライに、アルフォンソは言葉を続ける。


「昔、おっさんが弟子を取ったって聞いた時、おっさんに聞いたよ『どういうつもりでとったんだ』って、そうしたらこう答えたよ」


 そこで、コホンと息を整えたアルフォンソは、少し声を低くしてこう答えた。


「『わからん、だが放って置けなかった』だってさ。それで、俺が今更家族でも作る気かって言ったら、無言でそっぽ向きやがったよ」


 だから、アルフォンソは言葉を続ける。


「お前が、おっさんを父のように思ってたなら、おっさんもうれしかったんじゃないかって思う。――お互い気が付かなかっただけで、家族だったよお前ら」

「――そう、ですか」


 そういってライは、少し笑った。

 ここ数日の間で、初めて笑った気がする。


「もう少し早く、歩み寄れればよかったです」


「だな」


 そしてやがて、夕立は晴れる。

 傘を畳んだアルフォンソが、ライに向き直る。


「ここに来たのは、お前を慰めにきたわけじゃない――聖女サマがお呼びだ」


 聖女が、粛清騎士を呼びつける理由はひとつ、新たな異端者の出現だ。


「いけるか?」


「――はい、大丈夫です」


 そして、ライは師匠の墓標に背を向けて歩き出す。

 向う先は、新たな地獄。

 それでも、彼は歩みを止めない。

 憎悪を纏い、悲しみを背負い、悲劇を孕み、進み続ける。


 ――その命尽きるまで。








  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

最強の少年聖騎士、転生者を狩る〜研ぎ澄まされた技で、チートを凌駕する〜 烏妣 揺 @Edger3121

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画