小説を書くことをとにかくポジティブに応援されたい人に贈るエッセイ

作者 長埜

私からも、マイナージャンルで頑張る皆様にエールです。(長文失礼します)

  • ★★★ Excellent!!!

この作品に背中を押されましたので、私からもエールです。

過疎ジャンルゆえに伸び悩んでいる方はたくさん居ます。エンタメである以上売れ線が好まれるのは当然のことですし、商業が絡む業界なら尚更です。

しかし伸びないからといって、自分を裏切ってまで売れる型に合わせる必要はありません。プロを目指すのなら流行を取り入れる力も必要でしょうが、それで嫌になってしまったら元も子もない。継続は力なり。辞めてしまえばそこで可能性は終わってしまうのです。

書き続けることが、あなたの一番の力になります。数字の誘惑やあらぬ欲望に惑わされることはあるかもしれませんが、根底にある「好きだから書いている」という意思を見失わないでください。

時代性に合わなくても、楽しめれば人生は充実します。WEBという、世界中の人に見てもらえる場所があるのですから、あなたの作品を好きになってくれる人は必ずいます。遅咲きでも咲かなくても、あなたの「好き」を大切にして下さい。

あなた達の中から偶然生まれたヒット作が、次の時代を作ります。流行なんてそんなものです。
好きこそものの上手なれ。楽しくポジティブな創作ライフを!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

Audience(L)さんの他のおすすめレビュー 441