39、永嶋

 時   二〇二五年十月二十六日(日)

 場所  N市G区、永嶋宅



 N市G区の永嶋の自宅で、デスクトップパソコンの外部通信着信アラームが鳴った。

 映像表示回線を開くと、ディスプレイに洋田が現れた。

「永嶋くん、予定変更だ。モーザは回収しない」


「了解。記憶は?」

「理恵の記憶はそのままにしておく。いずれ、娘から事実を知るだろう」

「いきなり知らされるより、その方がいい。本間と佐伯はどうしてる?」


「商務省内と経済界のクラリックを炙りだせそうだ」

「順調だな」

「また連絡するよ」

 ディスプレイから洋田の映像が消えた。


 永嶋はタバコを取り、口にくわえて火を点けた。

 大東重工と東亜重工のクラリック殲滅作戦は完了した・・・。

 今も、クラリックの存在は公にされていない。そのため、十月十九日のテレビの緊急報道後、大東重工と東亜重工のクラリック殲滅作戦は報道されなかった。

 クラリック全てを殲滅したわけではない。今も国内外にクラリックは存在している・・・。

                        (了)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

オリオン渦状腕2 World wide① 精神生命体マリオン 牧太十里 @nayutagai

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ